国際情報

東京で働く韓国人の若者「大統領選に興味はない」その背景

3月9日に執行された韓国大統領選挙で当選した保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補(AFP=時事)

3月9日に執行された韓国大統領選挙で当選した保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補(AFP=時事)

 およそ4000万人の人口であるウクライナは、大きな勢力のぶつかり合うことが多い位置にあり、歴史を振り返ると何度も戦場になってきた。近年は水準が高い技術と人材が集まっていることから東欧のシリコンバレーと呼ばれていた。そのウクライナから東に約7500キロ、約5000万人の人口をもつ大韓民国も大きな勢力がぶつかり合うことが多い位置にあり、いまも法の上では戦時下のまま、2000年代から国家ぐるみで力を入れているIT大国ぶりで知られている。しかし現実をみると、ウクライナはいまも外国へ出稼ぎに行く人が少なくなく、韓国も若者ほど外国へ行きたがる。俳人で著作家の日野百草氏が、日本の会社で働く30代の韓国人男性がなぜウクライナ情勢に対する韓国の姿勢に落胆しているのか、大統領選の結果で政権交代が起きても期待できないのかを聞いた。

 * * *
「本当に恥ずかしい。あいかわらずのコンデです」

 新宿のレンタルスペース、韓国人ゲームディレクター(30代)との会話。イラスト発注の打ち合わせも早々、自然とロシアのウクライナ侵略の話となった。韓国語の「コンデ」とはスラングだが、日本の「老害」という言葉をもっと強くした感じだろうか。彼の日本語は流暢ではあるが英語やハングルも混じるため、本稿の一部は筆者が適時正している。

「遅れてロシア制裁は信用されません。いつもコンデが国を悪くします。若者を苦しめます」

 彼は韓国の地方国立大学を卒業してしばらく、短期間に非正規や失業を繰り返した経験のある苦労人だ。韓国は「インソウル」という言葉があるくらい、基本的には国私立関係なく首都ソウルにある大学が偉い。一概には言えないが国立大学でもソウルにある大学以外は悪くはないが「ビミョー」というお国柄だ。日本の偏差値制度と基準が違うのもあるが、国公立上位とされる日本とは事情も違う。別の日本在住の韓国人曰く「日本だと、どこでも(韓国の)国立大を出ているだけで『頭いい』と言われるからお得」とのこと。

「ソウルとそれ以外です。あと地方の学生は差別されます。普段はされませんが、一流財閥に就職となると違います。生まれもそうです」

 韓国という国はトップに近づくほど「ソウル市民とそれ以外」「名門の家系とそれ以外」という文化が根強くある。極端な話だが貧乏人でもソウルに住んでいるほうが偉いし、頭が悪くても血統が良ければ偉い。だからアカデミー賞4冠の大ヒット映画『パラサイト 半地下の家族』ではないが、上昇志向が強ければ意地でもソウルに住むし、相手が財閥の一族というだけで媚びへつらう。これも一概には言えない話だが、韓国社会に確かに存在する一面である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン