芸能

NHK『ブラタモリ』に4年目アナ抜擢 早くも「ポスト桑子真帆アナ」の声

4月から『ブラタモリ』のアシスタントを務めるNHKの野口葵衣アナ

4月から『ブラタモリ』のアシスタントを務めるNHKの野口葵衣アナ

 テレビ局は4月改編を目前に控え、各番組の新たな“陣容”を次々と発表している。TBSでは日曜日の情報番組『サンデー・ジャポン』のアシスタント・山本里菜アナ(27)が3月いっぱいで卒業し、4月からは良原安美アナ(26)が務めることを明らかにした。そうした流れは民放だけでなくNHKも同様で、全174人のアナウンサーのうち101人が配置替えという大改編となる。同局の看板アナ・和久田麻由子アナ(33が「レギュラーゼロ」になったことが注目されたが、実は今回の改編でNHKとしては異例の抜擢人事があった。 

  人気番組ブラタモリ7代目アシスタントに2018年入局の野口葵衣アナ(26)が大抜擢されたことだ。NHKの局内では早くも2015年に同番組の3代目アシスタントに抜擢されたことで一躍全国区の人気者となった桑子真帆アナ(34)に重ねて「桑子アナの後継者になるのでは」と見る向きもあるのだという。 

 野口アナは4月からスタートする新番組『サタデーウオッチ9』(土曜2122時)のキャスターに決まった吉岡真央アナ26)と同期入社で、2人とも入局わずか4年目での大抜擢と言えます。ただ吉岡アナが東京アナウンス室へ異動するのに対して、野口アナは現在の福岡放送局に籍を置いたまま『ブラタモリ』のアシスタントに就任することになりました。これほどの人気番組で、しかも大御所のタモリさんとほぼ2人で進行する番組に地方局所属の若手アナが抜擢されるのは異例中の異例と言えます」(NHK関係者) 

  野口アナは新潟県新潟市出身で2018年に慶應義塾大学法学部を卒業後、NHKに入局。初任地は山形放送局で昨年、福岡放送局に異動したばかりだった。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は野口アナを「NHKにしては珍しく学生時代の経歴が華々しいアナウンサーだ」と評する 

 福岡放送局に在籍しながらの出演は異例です。過去に遡ると上智大学の『ミスソフィア』として鳴り物入りで入局した杉浦友紀アナ38入社1年目の福井放送局在局中にダウンタウンの浜田雅功さんMCの『夢見るタマゴ!熱血浜田塾』という不定期番組で中央デビューしたことがあります。そのときも“異例の抜擢”と話題になりましたが、今回は不定期ではなく看板番組のレギュラーアシスタントなので、局側がかなりの期待をかけていることが窺えます 

  野口アナは目鼻立ちがクッキリしていて華やかな雰囲気があります。高校時代からレインボータウンFMのパーソナリティ、慶應大学在学中は女子大生キャスターやBS放送のアイドル専門チャンネルKawaiian TV』でアシスタントを務めるなど、NHKにしては珍しい学生時代の経歴が華々しい点が注目です。まだまだ“プロ”としては未知数なところが多いですが、硬軟どちらの番組でも期待できる桑子アナのような逸材ではないかと思います 

 『ブラタモリ』のアシスタントは桑子アナだけでなく、4月から夜の報道番組『ニュース7でキャスターを務めることになった林田理沙アナ32)らも通ってきた出世街道“。いち早くそのポジションを得た野口アナの活躍から目が離せなくなりそうだ。 

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト