ライフ

車で走行中に大地震が発生したら…落ち着いて一時停止、車外に出るのは危険

(写真/時事通信社)

地震発生時のリスクを避けるには?(写真/時事通信社)

 いつ発生するかわからないのが大地震というもの。たとえば、車で走行中に被災する可能性もある。そういった場合は、焦るかもしれないがまずは落ち着こう。危険なのは、すぐに車外へ出ること。車にひかれたり、落下物などでけがをするリスクがあるからだ。日本自動車連盟交通安全インストラクター・内海大輔さんは、こう話す。

「高速道路や一般道路、トンネル内や橋の上でも、とにかくハザードランプをつけてゆっくり速度を落とし、道路の左に車を止め、揺れが収まるのを待ちます。その間、ラジオなどでニュース、道路交通情報をチェック。この情報収集が次の行動の判断基準になります」

 揺れが収まったら、状況を見ながら行動しよう。歩道などを通って徒歩で道路外へ避難する場合は、車を置いていく。ただし、津波や土砂災害の警報が出ていて、車で避難できるようなら、それも手段の1つと覚えておきたい。

「車を置いて避難する場合、窓を閉め、エンジンを切ります。そして鍵をドリンクホルダーなど、すぐわかる場所に置き、扉のロックはかけないようにします。可能なら、連絡先を書いた紙も車内に置いておくと、車を移動させないといけないときなどに連絡してもらえる場合もあります」(内海さん)

トンネルの中や橋の上を走行中に地震発生…

「車の専門家としては、トンネルや橋の出口付近にいたらそこを出た先にあるスペースに停車することをおすすめします。中央付近にいるときは、原則通り道路の左側に停車。その後、車が流れ始めたら通り抜けます。トンネルの出入り口が土砂などで埋まっても、非常電話や非常出口があるので落ち着いて行動を」(内海さん)

ガソリンスタンドで給油中に…

「ガソリンスタンドは、厳しい建築基準をクリアしているため、一般的な建物よりも耐震性や耐火性がすぐれています。火事になっても地下に埋められたガソリンタンクに引火しないよう、厚いコンクリートで覆われています。ですから慌てず、揺れが落ち着くまでスタンド内で車内待機をした方が安全です」(内海さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト