国内

医療カルテでわかった飯塚幸三受刑者のパーキンソン症候群の症状

遺族の松永拓也さん(左)、パーキンソン症候群について説明する代理人弁護士の高橋正人さん、一般社団法人関東交通犯罪遺族の会の代表理事・小沢樹里さん(右)。

遺族の松永拓也さん(左)、パーキンソン症候群について説明する代理人弁護士の高橋正人さん、一般社団法人関東交通犯罪遺族の会の代表理事・小沢樹里さん(右)。

 池袋暴走死傷事故で禁錮5年が確定し収監された飯塚幸三受刑者(90)と損保会社を相手どり、民事裁判を継続中の遺族・松永拓也さんらが会見を行い、新たな事実が明かされた(3月15日)。

 2019年4月、東京・池袋で旧通産省工業技術院元院長の飯塚受刑者が運転する乗用車が暴走し、松永さんの妻・真菜さん(当時31才)と長女・莉子ちゃん(当時3才)が亡くなり、9人が負傷した事故。

 飯塚受刑者は自動車運転死傷行為処罰法違反で2021年9月、実刑判決を言い渡されたが、裁判中の被告人質問では「車の運転に全く問題がなく、正常に運転できていた」と供述。パーキンソン症候群と事故の因果関係は、刑事裁判では争点になっていなかった。

 しかし、今回の民事裁判では、原告側の求めで、飯塚受刑者の医療カルテが提出され、事故前から認められていた症状が詳細になった。

 飯塚受刑者は、2019年3月にはパーキンソン病の疑いが指摘され、自動車の運転については必要最小限にし、体調が悪いときは控えるようにと医師から注意されていたのだ。

 遺族側の代理人弁護士の高橋正人さんによると、今回、飯塚受刑者側は、医療カルテにもとづき、以下の症状・診断があったことを認めた。

1)2016年ころから下肢筋力が低下していた。

2)2017年10月、転倒。同年11月、歩行時のふらつきにより、エレベーターのドアの前で転倒。

3)2018年、数回階段を踏み外し、3回転倒。転倒を繰り返したため神経内科を受診した。

4)遅くとも2018年12月には、パーキンソン病の疑いないしパーキンソン症候群の可能性もあるとの診断を受け、具体的な症状として、静止時振戦(じっとしているときに手足が震え、動き出すと止まる症状)はないが、やや表情は乏しく、両膝固縮(筋肉が固くなる)の疑いがあった。

5)2019年1月にも、パーキンソン病の疑いが指摘され、静止時振戦はないが、やや表情は乏しく、右膝に鉛管様固縮(鉛の管のように筋肉が固くなる)ありとの診断を受けていた。さらに、歩行障害が進行しているとの指摘もある。

6)2019年2月にも、パーキンソン病の疑いが指摘され、静止時振戦はなく、また、方向転換は可能であるが、他方で、やや表情が乏しく、右膝に鉛管様固縮ありとの診断を受けていた。

7)2019年3月にも、前月と同様の診断を受けていた。さらに、自動車の運転については必要最小限にし、体調が悪いときは控えるようにと医師から注意されていた。下旬ころには、小刻み歩行やすくみがあり、右下肢優位の鉛管様固縮ありとの診断を受けており、単独歩行は可能だが歩行障害があった。

8)2019年4月に入ると、(パーキンソン症候群のうち)大脳皮質基底核変質症の疑いとの診断を受け、単独歩行は可能であるが、右下肢優位の筋強剛、歩行障害が認められていた。また、パーキンソン病の治療薬であるレボドパを投与しても歩行の改善がないとの診断を受けていた。

「このように運転を差し控えなければならないような症状が出ていたにもかかわらず、飯塚氏は運転を続けていました。

 特に、オートマチック車のように右脚だけでアクセルペダルとブレーキペダルを踏み換える車両の場合、右脚がこわばる筋強剛は致命的に危険です。

 さらに、大脳皮質基底核変質症の症状は、認知機能障害が最も頻度が高い。このような疾患に罹患していることを知りながら、運転を続け、重大な事故を引き起こした自動車運転上の注意義務違反の程度及び性質は、重大かつ悪質というべきです」(高橋さん)

 民事裁判で病気について争点とすることについて、遺族の松永さんはこう語る。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト