スポーツ

坂本、丸に不安の巨人 FA補強に頼り過ぎて若手も台頭できない袋小路

昨年終盤も打撃不振だった丸佳浩(時事通信フォト)

昨年終盤も打撃不振だった丸佳浩(時事通信フォト)

 プロ野球オープン戦、巨人は12試合を終えて2勝8敗2分で最下位に沈んでいる。シーズン前のオープン戦と公式戦は全くの別物とはいえ、ここまで12球団ワーストの打率2割、21得点で、1試合平均の得点は1.75点と超貧打に泣いている。プロ野球担当記者が話す。

「吉川尚輝や松原聖弥というレギュラー格の若手に元気がなく、期待の高卒2年目の中山礼都、秋広優人も一軍で起用するには時期尚早という結果しか出ていない。主力の岡本和真や中田翔は打っていますが、好不調の波が激しいタイプだけに、オープン戦の好調で逆に不安を抱くファンもいるかもしれません」(以下同)

 2019年からの連覇の立役者となった坂本勇人は2割3分3厘、丸佳浩は1割3分9厘と調子が上がってこない。

「14年間もショートのレギュラーを務めてきた33歳の坂本は、勤続疲労がいつ現れてもおかしくない時期に差し掛かっている。4月で33歳を迎える丸も昨年の不振から脱しきれていない印象。オープン戦の成績は関係ないとよく言われますが、気になるのは昨年の後半戦から2人とも状態が良くないことです」

 巨人の主力が顕著に衰えたシーズンを振り返ると、2011年には小笠原道大が統一球の影響もあってか、前年の34本塁打がわずか5本塁打に激減。打率は連続3割が5年で止まり、2割4分2厘まで落ちた。2014年には阿部慎之助が前年の32本塁打、96打点から19本塁打、57打点と減少し、打率も2割4分8厘と不調になった。実は、2人とも前年の終盤から打てていなかった。

「小笠原は2010年、クライマックスシリーズのファイナルステージの中日との4試合で14打数2安打と絶不調になってしまい、阿部は2013年の楽天との日本シリーズ7試合で22打数2安打に終わりました。共にレギュラーシーズンの10月の成績は打率1割台でした。2021年の月間成績を見ると、丸は10月に3割6分1厘と復調したが、8月、9月は1割台と大ブレーキで、9打数連続空振り三振を喫したこともあった。坂本は10月に1割6分7厘と不振となり、出塁率も2割8厘しかなかった。その昨年終盤、巨人は大失速した。つまり、2人の調子はチーム力に大きく影響する」

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン