スポーツ

頼希、真偉輝、稼頭央…センバツ出場 個性的なキラ星ネームの球児たち

佐々木

新怪物・佐々木麟太郎選手(撮影/藤岡雅樹)

 春のセンバツ甲子園は、3月18日の開幕予定が雨で順延となったが、球児たちの熱闘を待ちわびて期待が高まっている。各校の登録選手のリストを見ていくと、強豪校の注目選手だけでも、一昔前とはだいぶ違う“個性派の名前”が並んでいることがわかる――。

 * * *
 昨年の夏、高校野球の聖地・甲子園球場で史上初めて、女子高校野球の決勝が行われた日、神戸弘陵(兵庫)と高知中央のベンチ入りメンバーのリストを眺めていて、驚いたことがある。

 両校のスタメン計18人に、名前に「子」の漢字が入った女子選手が1人しかいなかったのだ。ベンチ入りメンバーにも古風な名前は見当たらず、愛らしくも難読な名前が並んでいた。

 選抜がスタートしたのは大正に遡るが、球児の名前は時代を映す鏡でもある。そして、独創的な名前を持つ球児たちには、ついキラ星のような活躍を期待してしまう。間もなく開幕する第94回選抜高校野球大会にも、個性的な名前の選手が顔を揃えた。

 大会前の練習試合で、高校通算本塁打を56本にまで伸ばした岩手・花巻東の新怪物が、佐々木麟太郎(りんたろう)だ。父であり、同校で監督を務める佐々木洋監督が尊敬するという勝海舟の幼名から名付けられた佐々木は、驚異的なペースで本塁打を量産。早稲田実業時代の清宮幸太郎(現北海道日本ハム)の111本という高校通算本塁打記録の更新のみならず、花巻東の先輩で二刀流の開拓者である大谷翔平(現エンゼルス)のような飛躍が既に期待されている。

 佐々木と共に新2年生の四天王に位置づけられている左のスラッガーの1人が、九州国際大附の佐倉侠史朗(きょうしろう)。なんとも侠気(おとこぎ)にあふれる名の佐倉は、182センチ、104キロと佐々木にひけをとらぬ存在感を放つ。森友哉(西武)を意識しているという重心を極端に低く落とした構えから、規格外のパンチ力で白球を遙か彼方へ弾き返す。

 同じく四天王と一角とされ、スイングスピードで佐々木や佐倉を上回りそうなのが広島・広陵の真鍋慧。「慧」の名は「さとし」ではなく「けいた」と読み、仲間からは「(広陵の)ボンズ」とも呼ばれている。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン