国際情報

ロシアの情報統制が招くプーチン支持者と反プーチン派の分断

ロシア国内でも反プーチンの声はあるものの…(写真/共同通信社)

ロシア国内の反プーチン派の人々(写真/共同通信社)

プロバガンダでプーチン支持者の信念を強固に

 説明を受けたソフィアさんが、「そのようなニュースを注意して見ていなかったことが分かりました。これからは全て確かめます」とテレビ目線で答える姿は、「それが正しい」と視聴者にダメ押ししているようでもあった。

 プーチン支持者にとってこうした動画は説得力があるだろう。すでに動画で流れているような内容を強く信じ込んでいるような人々だからだ。心理学者のウィリアム・フォン・ヒッぺル氏は、著書『われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか 進化心理学で読み解く、人類の驚くべき戦略』(ハーパーコリンズ・ジャパン)で、2016年の米大統領選挙でのトランプ支持者を例に上げ、「フェイクニュースは有権者の二極化を深めた可能性がある」と書いている。フェイクニュースは、「敵対する正当の“悪事”への怒りを共有することによって、集団の仲間たちの結束はより固まった」と言うのだ。

 フェイクを信じる人々は、それが偽情報だと伝えても主張を変えることはない。嘘を信じるなと説得されればされるほど、その嘘を信じ込む。番組では、ロシアと他国に別々に住む親子や家族の間で、ウクライナ侵攻への認識がまったく異なり、溝ができたり喧嘩になったりするケースが紹介され始めた。フェイクニュースを鵜呑みにするプーチン支持派と反戦を叫ぶ人々が二極化し、フェイクを目にするごとに人々の分断はより深まっているようだ。

 ヒッペル氏は著書の中で、「フェイクニュースによって人々の政治思想が変わるのは稀だ」とも書いている。ロシアが行っているプロパガンダは、反戦や反プーチンを叫ぶ人々の考えを変えようとしているのではなく、プーチン支持者の信念をより強固にするためのものだろう。

 プーチン大統領が4日、ロシア当局が偽情報と見なせば、禁錮刑に科すことができる法案に署名したことで、ロシアの情報統制は厳しさを増している。『プロパガンダ 広告・政治宣伝のからくりを見抜く』
(誠信書房)で社会心理学者のエリオット・アロンソン氏らは、“カルト教祖になる方法”の第一歩としてこう述べている。

「あなた独自の社会的真実を作りなさい」

爆撃を受けた小児病院(写真/AFLO)

爆撃を受けた小児病院(写真/AFLO)

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン