スポーツ

阪神が“予祝”で矢野監督の胴上げ予行練習の違和感 「阪神は豊作を願ってるのか?」

江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が座談会

江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が座談会

 3月のプロ野球開幕を前に、江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏という大物球界OBの3人が『週刊ポスト』の座談会に臨んだ。原巨人、そしてキャンプイン前に今季限りでの退団を発表した矢野燿大監督率いる阪神への評価はいかに?【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
江本:戦力は整っているはずの巨人は本来、話は簡単。優勝するにはクリーンアップが打ち、菅野が20勝すればいいだけ。ただ、丸(佳浩)を1番に置くと、2番に苦労する。ボクなら2番に川相(昌弘)みたいなタイプを入れますね。吉川(尚輝)を入れてもバントもできないし、粘り強いバッティングができるわけでもない。“ただのいいバッター”ですからね。

中畑:原監督もそこが悩みだろうね。吉川の能力は認めているが、状況判断の中で役割を果たせず、非常に淡白だと気にしている。いっそ、“バントができない”で終わらせずに、やらせればいいんだと思うよ。

達川:できなくてもサインで動かせばいい。

中畑:サインを出して失敗したとしても、もっともっとやらせないと選手は変わっていかない。

江本:それもせずにメジャーの2番最強打者論に迎合して坂本(勇人)を2番にしたりした。なんでもメジャーの真似じゃダメ。松原(聖也)を2番に据えても、やはり小技ができない。ランナーがいると外野フライを狙っていたから、ボクが解説の時は“ホームランバッターの松原さん”と言ってやりましたよ。何がやりたいのかわからんね。

達川:わからんといえば、阪神の矢野(燿大)はなぜキャンプ前に今季での退団を発表したのか。

中畑:これまでそんな監督いたかな。

江本:いませんよ。辞めようと思っても、口に出して言ったらダメ。キャンプで糸井(嘉男)と西(勇輝)が音頭をとって矢野監督の胴上げの予行演習をした。目標達成を前もって祝い、現実を引き寄せる“予祝”と呼ばれるものだと言っていたけど、“予祝”は豊作を祈ってやること。阪神は豊作を願ってるの? 学がないのがちょっと聞きかじってやるから恥ずかしいことになる。

中畑:監督が辞めると言ってしまうと、コーチだって大変だよ。

達川:矢野が呼んだコーチは覚悟せんといかん。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン