芸能

千鳥、全キー局&ネトフリ制覇 「最も費用対効果が高い芸人」の評も

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感

千鳥は全キー局にレギュラーを持つ

 お笑いコンビ・千鳥の躍進が止まらない。『テレビ千鳥』(テレ朝)、『千鳥のクセがすごいネタGP』(フジ)など全キー局でレギュラー番組を持ち、NHKのBS1でも『千鳥のスポーツ立志伝』でMCを務めるなど、彼らを見ない日はないといってよい。3月7日に発表されたフジテレビの番組改編では、5月から新たな冠番組『千鳥の鬼レンチャン』のスタートが発表され、『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』(関西テレビ)を含めこれでフジ系列でのレギュラー番組は3本目となった。

 ネット配信の世界でも『チャンスの時間』(ABEMA)、『千鳥のロコスタ』(GYAO!)など人気番組を引っ張り、3月8日からNetflixで配信が始まったドラマ型トークバラエティー『トークサバイバー!』では、ノブがMCを、大悟がドラマの主人公役を務め、配信開始以降国内総合ランキングでトップに立つ(3月17日時点)。

 世代と媒体を越えてすっかり世間に定着した千鳥だが、決して順風満帆な芸人人生とは言えなかった。芸能評論家の三杉武氏が語る。

「2012年に上京して以降、チャンスを掴み切れない時期が長かった。当時の人気コント番組『ピカルの定理』の新レギュラーとして抜擢されましたが、ゴールデン帯への移動後視聴率が伸び悩み打ち切りに。志村けんさんをはじめ大御所の先輩に可愛がられるなど芸人からの評価は常に高いものの、どこか東京に馴染みきれず、視聴者受けは微妙でした。

 そんな千鳥が万人受けするようになったのは、大悟の荒々しさや自由奔放さはそのままに、ノブがポップなイメージを掴んだのが大きかった。本人が『“お馴染みの顔”になるために迎合作戦に変えて、情報番組にしこたま出ていった』と振り返っていたように、美容やファッションをSNSで発信するなど“ミーハー”を武器にして、若年層の支持を勝ち取りました。『千鳥の真似をして東京の高校生が皆岡山弁でしゃべっている』というのもうなずけます」

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン