芸能

TBS良原安美アナ『サンジャポ』起用 局内で不安視される数年後のフリー転身

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ局では4月の番組改編に伴って、人気番組の「アナウンサー人事」にも動きが見られた。3月13日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、アシスタントの山本里菜アナ(27)が3月いっぱいで番組を卒業することが発表された。その後任となる「第8代アシスタント」に抜擢されたのが、良原安美アナ(26)だ。

 2018年入社の良原アナは今年で5年目。同期で朝の情報番組『ラヴィット!』に抜擢された田村真子アナ(26)らと比べるとやや“遅咲き”な感があるが、どのような人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「良原アナは学生時代に『ミス立教コンテスト』でグランプリ、『news zero』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めた“超エリート”です。容姿がカトパンに似ていると注目されていましたが、入社後のキャリアは意外にも『Nスタ』など報道番組中心でした。

 ただこの経験はプラスに働いて、現在はしっかりした番組の取り回しに定評がある。『サンジャポ』MCの爆笑問題とはラジオ番組をやっていて“アミーゴ”と呼ばれるなど関係も良好です。最近は『水曜日のダウンタウン』に出演した際に、モデル顔負けの長身(171cm)にタイトなニット姿が“スタイル抜群”とネット上を騒がせた」

『サンジャポ』のアシスタントといえばこれまで青木裕子(39)や田中みな実(35)、吉田明世(33)など、後にTBSを退社しフリーに転身した同局のアイドルアナが歴代務めてきた。卒業する山本アナも、番組内で週刊誌に交際相手と写真を撮られたことをたびたびイジられて知名度を上げた。

 だが、その注目度の高さゆえ局内ではすでに数年後を不安視する声が上がっているという。

「青木や田中みな実だけでなくアナウンス力・人柄ともに局内で高い評価を得ていた竹内香苗アナ(43)も退社するなど、とにかく辞めてしまった人が多い。歴代で社内に残っているのは山本と初代アシスタントの小倉弘子アナ(47)だけです。『あっと言う間に人気になってフリーになっちゃうんじゃないの』と気の早い心配を口にする社員もいましたよ」(TBS社員)

 知名度が“ジャポン”全土に広まる日は近いか。

※週刊ポスト2022年4月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン