ライフ

3月に届いた「ウクライナ女性との結婚斡旋」メールは、あまりにも無神経すぎる

コロナ禍で婚活、ましてや国際結婚を目指す婚活は厳しい(イメージ)

コロナ禍で婚活、ましてや国際結婚を目指す婚活は厳しい(イメージ)

 婚活中の人にとって、新型コロナウイルスの感染拡大で人生の予定が狂ったと思う人は多いだろう。なかでも、国際結婚をめざしている人にとっては、コロナ禍に加えて2月から始まったロシアによるウクライナ侵攻の影響も気になるところだ。日本人の国際結婚カップルをみると夫が日本人の割合が約7割と圧倒的に外国人妻が多いことを反映してか、婚活サイトも主に男性向けサービスが多い。真面目な紹介サービスがある一方、利用者の焦りと不安につけこむような業者も存在する。俳人で著作家の日野百草氏が、戦争のタイミングで送られたとする「ウクライナ美人」との結婚斡旋について探った。

 * * *
「ウクライナ女性との結婚を斡旋するそうです。詐欺だと思いますが酷いと思います」

 3月半ば、筆者のDMに届いた情報。国際結婚詐欺など珍しくもないし、それが詐欺かもわからない。以前もこれに近い情報は来たが、実際に一組でもゴールしていれば詐欺かどうかは難しいし、結局のところ恋愛問題、気に入らなければつき合わない、結婚しないというだけでそれも詐欺かは難しい。

 しかし今回はあからさまに「ウクライナ」である。ロシアの侵略により国土は戦場となり、多くの女性や子どもが隣国に避難している。そんなウクライナの女性をいきなり持ち出して「結婚しませんか」と斡旋する会社、あまりにピンポイント過ぎる。もちろん国際結婚の斡旋といっても玉石混交、多くは真面目な業者であることは言うまでもない。また本稿中の抜粋は原文ママとした。

「登録女性という写真がモデルみたいな美人で、ホームページのリンクは事務所の住所と電話番号もなくて、メールだけです」

 情報提供者の教えてくれたリンク先へ行ってみる。そこはウクライナだけでなくロシア・ウクライナ女性とあったが多くは(というかほとんど)ウクライナ人のようだ。それにしても、最終更新日は1年前の女性もいるがどういうつもりだろうか。一般のウクライナ人がずっと顔写真を晒すわけがないと思うのだが。ましてモデルばりの美女ばかり、ウクライナ人女性の美しさは世界的に知られているが、こんな若くて美人ばかりが登録されているものだろうか。そもそも戦争はともかくコロナ禍は2年以上続いている。どうやって婚姻に結びつくまで接触できるというのか、これまでどうやってウクライナ人女性と日本人をこの頃な禍でゴールインさせようとしていたのか、疑問だらけだ。

「経歴もすごい女性ばかりです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト