芸能

『ホンマでっか!? TV』カトパン後任に井上清華アナ抜擢の理由

次期エースと言われている井上清華アナ

次期エースと言われている井上清華アナ

 フリーアナウンサーの加藤綾子(36)が進行役を務めている『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)の後任に、同局の井上清華アナウンサー(26)が就くことが報じられた。同番組は司会の明石家さんま(66)と個性の強い専門家軍団や加藤アナとのやり取りが人気で、その重要な役目を担う大抜擢と言える起用だ。

 井上アナの起用に早くもネットでは、〈井上アナとさんまさん、専門家陣の新しいやり取りが始まるのも新鮮でマンネリ打破にもなり良いかも〉〈井上清華さん、大好きです。カトパンも大好きなので素晴らしいリレーです〉など、期待の声が上がっている。

 井上アナは2018年に青山学院大学を卒業してフジテレビに入社し、1年目から『めざましテレビ』のリポーターを務めた。2021年4月からは同番組のMCに起用されており、「局内でも次期エースとの呼び声が高い」(フジテレビ局員)という。

「朝の番組を長く務めているため他番組での露出の機会は少ないが、時折バラエティ特番に出演しても、硬軟を上手く使い分けたアナウンス対応ができます。番組スタッフへの気配りも忘れないから、局内で井上アナのことを悪く言う人は聞いたことがありません」(同前)

 また、今回抜擢された理由には、こうした井上アナの実力が考慮されただけでなく、局側のとある配慮もあるようだ。前出のフジ局員が続ける。

「大御所のさんまさんへの心配りです。番組内で共演者と丁々発止のやり取りを繰り広げるさんまさんですが、とりわけアシスタントを務めるアナウンサーに関しては、息が合うかという点を大切にしている。井上アナは2020年に代打出演した『さんまのお笑い向上委員会』でさんまさんと共演しているため、相方を務めるのに適任だと白羽の矢が立ったと聞いています」

 一方、同じくさんまがMCを務める『お笑い向上委員会』は揺れている。同番組のアシスタントを長年務めた久代萌美アナ(32)が局外異動で担当を外れ、後任となった久慈暁子アナ(27)も1年も経たないうちに退社することに。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン