国内

高市氏、小池氏、辻元氏と競わされ…「初の女性総理候補」野田聖子氏の30年

中曽根元首相から教わったこととは?

中曽根元首相から教わったこととは?

 日本初の女性総理候補と目される政治家たちの本音を聞く連続インタビュー。第3弾に登場するのは、過去に何度も断念した自民党総裁選に昨年やっと出馬を果たした野田聖子・男女共同参画担当相(61)だ。「週刊ポスト」の新シリーズ《女性総理、誕生!》から飛び出したスピンアウト企画。第1弾(高市早苗氏)、第2弾(稲田朋美氏)に続き、ノンフィクションライターの常井健一氏が斬り込んだ。【全5回の第3回。第1回から読む

──昨年の自民党総裁選では国会議員票が34票にとどまり、4人中最下位でした。あの結果はどのように受け止めましたか。

「『純粋にスゴイな』と思いますね。田崎史郎さん(政治ジャーナリスト)は、野田の議員票は20を割るだろうと言ってたの。私は特定派閥の応援はまったくなく、前代未聞のインディペンデントなんですよ。だから、『34人』は謎のままにして、墓場まで持っていくの。だって、派閥から造反して私の名前を書いてくれたわけだから」

──そのうちの20人は推薦人だから名前は明らかだけど、残り14人は誰なのかも把握されているのですね。

「それはわかっていても、言わないのが礼儀」

──「34」は票読み段階よりも増えました?

「増えた。だって、ホントにナイナイづくしで推薦人集めをしましたから。それまでお話ししたこともない人、たとえば、JA組織内議員の山田(俊男・参院議員)先生もそうで、私の思いを聞いてくれて一気に応援してくれたわけです。

 だけど、私の出馬表明は告示の前日だったので、遅かったんですよね。スタートを切った時には、地方の党員票は他の陣営に取られちゃっていたから、もう行く先々で、遅いよ、もう入れちゃったよって。だから、そんな中では上出来だったかな」

──総裁選に出た際、閣僚名簿まで用意したようですね。

「ノートに書いたもので、半数は女性で、民間人の登用も考えていました。これは、中曽根(康弘)大勲位に『常に自分が総理になった時のシミュレーションをノートでしておけ』と昔教えられました。『岸田ノート』みたいな“聞く力”じゃなくて、野田聖子政権の組閣名簿です。

 たとえば、外相を誰と書くじゃないですか。でも、不安要素が見えてくると『×』をつける。それをずっとやっていく。だから、自ずとその人の姿勢や発言を観察して、信用できるか考えています。かつ、委員会で総理の答弁を聞いて、自分だったらどう答弁をするか、シミュレーションしています」

二階俊博氏は“来る者拒まず”

──岸田内閣では首相臨時代理第2位。閣議では首相の右隣。高みに立つと、今までと違った景色が見えるものですか?

「いや、私自身は初当選から主義主張も変わらないので、どこに座っていても同じなんですけど、前まで麻生太郎さんのいらしたところに野田が座っているということで、周りがすごく変わります。役所の態度なんて最たるもので、景色のほうが変わった感じ。

 でも、『今だけ』と冷静に受け止めています。郵政民営化の時、国民の9割が熱狂して、人が変わったように造反者を叩いた。そういう民族なんだって思っているので、高みに立とうと一歩引いて見ています」

──総裁選では高市さんと明暗が分かれました。議員票は114票で野田さんの3倍。その差の理由は、いったい何だったのでしょう?

「安倍(晋三)さんの必死さでしょう。安倍さんがどうしても河野太郎さんが嫌だという、その表われですよ。ホントは安倍さん自身が出たかったのかもしれませんが、まったく同じ主義主張でやり切れる高市さんを立てた。安倍さんにとっては理想通りの結果だったと思います。

 一方の私は何度も総裁選に出ようとトライして、派閥の論理で引きずりおろされてきた。今回も女性が私一人だったら消去だったんです。高市さんの出馬効果で出られた。だから、私は高市さんにお礼を言わなきゃいけない」

関連記事

トピックス

勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
確定申告期間中の東京国税局(時事通信フォト)
「300万円以下の副業は雑所得」案 サラリーマンが看過できないデメリット
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン