芸能

俳優、タレント・杉浦太陽「子育てに一段落はない。ずっと山が続きます」

杉浦太陽

杉浦太陽さんが『ママがもうこの世界にいなくても』について語った

 俳優、タレントの杉浦太陽さんは妻でタレントの辻希美さんと今年で結婚15年目。1女3男の父親でもある彼は、書籍『ママがもうこの世界にいなくても』の著者で、ステージIVの大腸がんと闘った遠藤和(のどか)さんを支えた夫の将一さんに共感した部分が多々あると話す。

 * * *
 本は、和さんの視点で、日記形式で綴られています。耳あたりのいい“感動エピソード”だけではなくて、すごくよかった。夫婦の実情がしっかり描かれていると感じました。和さんは「遠藤さんとケンカした」とか「ムカつく」とかも書き記していましたが、男目線から「このとき将一さんはきっとこういう気持ちだったんだろうな」と感じた部分もありました。将一さんも、僕と同じように結婚当初は独身気分の抜けないところがあったのかもしれません(笑い)。

 もちろん、将一さんはこれ以上できないというぐらい、和さんをしっかりと支えていたと思います。日記には、将一さんが夫、そして父親になるという自覚をもつ過程が鮮やかに描かれていました。特に和さんが妊娠してからは、それが日に日に色濃くなっていくのが印象的でした。

 結婚して家族になると「幸せだからなんでもいい」とか、楽しいことだけを言っていられるわけではない。もっと現実的な問題と向き合うことになるわけです。子どものこと、老後のこと、親類縁者のこと、介護のことなど、なかには目を背けたいこともある。そういうことに一つ一つ、時間をかけて夫婦で向き合うことで、家族になっていくものだと思うんです

 その点、遠藤家はものすごい急ピッチで絆を深めて、家族になったのだろうと感じました。和さんが21才でがんの宣告を受けてから24才で亡くなるまでの3年間で、闘病、妊娠、出産、育児を経験されたわけですから。

 将一さんの目線で読んだ僕は、妻の家族との距離感にもとても共感しました。杉浦家は、妻の家族が徒歩圏内、僕の実家は大阪だから、和さんの実家の櫛引家が近くにいて、将一さんの実家は北海道というのは似たようなシチュエーションだなと。自分の家族より妻の家族との方が、距離が近くなるんですよね。

 心の距離は、自然とは近くならないんですよ!  溶け込む努力はしました。頻繁に遊びに行ったり、一緒にお酒を飲んだり、買い物をしたり、旅行に行ったり。その結果、この15年で「家族」になることができたと思っています。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン