芸能

俳優、タレント・杉浦太陽「子育てに一段落はない。ずっと山が続きます」

杉浦太陽

杉浦太陽さんが『ママがもうこの世界にいなくても』について語った

 俳優、タレントの杉浦太陽さんは妻でタレントの辻希美さんと今年で結婚15年目。1女3男の父親でもある彼は、書籍『ママがもうこの世界にいなくても』の著者で、ステージIVの大腸がんと闘った遠藤和(のどか)さんを支えた夫の将一さんに共感した部分が多々あると話す。

 * * *
 本は、和さんの視点で、日記形式で綴られています。耳あたりのいい“感動エピソード”だけではなくて、すごくよかった。夫婦の実情がしっかり描かれていると感じました。和さんは「遠藤さんとケンカした」とか「ムカつく」とかも書き記していましたが、男目線から「このとき将一さんはきっとこういう気持ちだったんだろうな」と感じた部分もありました。将一さんも、僕と同じように結婚当初は独身気分の抜けないところがあったのかもしれません(笑い)。

 もちろん、将一さんはこれ以上できないというぐらい、和さんをしっかりと支えていたと思います。日記には、将一さんが夫、そして父親になるという自覚をもつ過程が鮮やかに描かれていました。特に和さんが妊娠してからは、それが日に日に色濃くなっていくのが印象的でした。

 結婚して家族になると「幸せだからなんでもいい」とか、楽しいことだけを言っていられるわけではない。もっと現実的な問題と向き合うことになるわけです。子どものこと、老後のこと、親類縁者のこと、介護のことなど、なかには目を背けたいこともある。そういうことに一つ一つ、時間をかけて夫婦で向き合うことで、家族になっていくものだと思うんです

 その点、遠藤家はものすごい急ピッチで絆を深めて、家族になったのだろうと感じました。和さんが21才でがんの宣告を受けてから24才で亡くなるまでの3年間で、闘病、妊娠、出産、育児を経験されたわけですから。

 将一さんの目線で読んだ僕は、妻の家族との距離感にもとても共感しました。杉浦家は、妻の家族が徒歩圏内、僕の実家は大阪だから、和さんの実家の櫛引家が近くにいて、将一さんの実家は北海道というのは似たようなシチュエーションだなと。自分の家族より妻の家族との方が、距離が近くなるんですよね。

 心の距離は、自然とは近くならないんですよ!  溶け込む努力はしました。頻繁に遊びに行ったり、一緒にお酒を飲んだり、買い物をしたり、旅行に行ったり。その結果、この15年で「家族」になることができたと思っています。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン