芸能

フジ堤礼実アナも「暴露系YouTuber」の標的か、ド派手パーティー写真の真贋

堤礼実アナ

堤礼実アナもガーシー砲の標的となるのか

“暴露系YouTuber”として、芸能界を震撼させているガーシーこと東谷義和氏がついに世界的企業に認められた。東谷氏が運営するYouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』が、開設から約1か月でチャンネル登録者数は89万人(3月29日現在)を超え、YouTubeから表彰されたのである。

「YouTubeは動画制作に情熱を注ぐクリエイターを讃えるために、表彰プログラムを用意しています。一定の参加基準を満たしている人で、チャンネル登録者数が10万人を超えると通称『銀の盾』がプレゼントされます。東谷さんは、この程、表彰されたようですが、このペースだと次の『金の盾』(チャンネル登録者数100万人)も時間の問題でしょうね。

 もっとも、彼がやっていることは、かつての“友人”たちの秘密を暴露するというもので、私怨を指摘する声さえあります。YouTubeのような世界的企業が彼の動画を表彰することには賛否がありそうです」(ITライター)

 実際、城田優や綾野剛らは彼の暴露、通称“ガーシー砲”に被弾し、ただならぬダメージを受けた。東谷氏の動画は多くの芸能人たちに恐れられているが、実は動画以外でも波紋を広げているものがある。それが東谷氏のTwitterのヘッダー画像だ。

 ヘッダー画像とは、Twitterの画面上部(ヘッダー)に表示される画像のこと。東谷氏の場合は、40人以上の芸能人たちと一緒に写っている“集合写真”である。

「この写真は4年ほど前、誰かの誕生日パーティーで撮られてものと見られています。中央の東谷さんを囲むように、城田さん、佐藤健さん、山田孝之さん、ワンオクのTakaさん、ムロツヨシさん、山田優さん、ローラさんにすみれさん……そうそうたる面々が確認できますね。ほとんどが、これまで東谷さんとの関係が取りざたされてきた“いつメン”なのですが、意外な女性が1人写っていたようなんです。前列、カメラ目線で微笑んでいる女性が、フジテレビの堤礼実アナウンサー(28才)ではないかと言われています」(芸能関係者)

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン