芸能

海老蔵がTikTokで囲っていた「海老蔵軍団」に所属する美人インフルエンサーたち

TIkTokでの海老蔵は様子がいつもと少し違う

TIkTokでの海老蔵はいつもと少し様子が違う

 複数の女性と「多重交際」していることが明らかになった歌舞伎俳優の市川海老蔵(44)。『女性セブン』によると、TikTokなどのSNSを通じて女性に声をかけて、東京都に「まん延防止等重点措置」がとられている最中も深夜までデートを楽しんでいたという。

 海老蔵が2020年6月に開設したTikTokアカウントは当初、それほど力を注いでいる様子ではなかったが、2022年に入ってから更新ペースが上がった。特に3月に入ってからは、1日に複数本の動画を公開することも珍しくなかった。

 投稿する動画は、長男の勸玄くんを撮影したもの、歌舞伎の舞台裏、TikTokで人気の“リップシンク(口パク)”など多岐にわたる。中には、「#彼女目線 #第二弾 #彼氏感 #デート風」といったタグをつけて、海老蔵とのデートを疑似体験できるような動画もあり、若者たちから〈イケメンすぎる〉〈ドキドキが止まらない〉〈付き合ってください〉と称賛のコメントが寄せられている。

 海老蔵は3月6日に投稿したYouTube動画で、「TikTokが熱いんだよね。知り合いが増える。(配信に)誰か来てくれて、『どうもこんにちは』みたいな。会ったことはないけど、ちょっと知ってる友達感覚みたいなのがうれしい」とTikTokによって人脈が広がっていることを楽しげに語っていた。

 その広がりの結果、海老蔵はTikTokで30人以上に及ぶ「海老蔵軍団」なるグループを結成。軍団には美人TikTokerも多数所属し、お互い動画でコラボしていた。

「どんな人気インフルエンサーといえど、国民的な知名度を誇る海老蔵さんにグループにスカウトされるのはうれしいものです。『芸能界入りの足がかりになるのでは?』なんて期待をふくらませた人もいるかもしれませんね。海老蔵軍団入りをSNSでわざわざ報告したり、プロフィールに『海老蔵軍団○番』と記載するメンバーもいました。『軍団に入りたい』と海老蔵さんに頼むのをネタにする人もいて、TikTokerにとって海老蔵軍団入りはステータスになっていたようです。

 TikTokを始めたものの、若者の感性にハマらずスベってしまう芸能人も大勢いる中、人気TikTokerを率いて話題の中心となった海老蔵さんは、さすがの使いこなしっぷりですね」(ITジャーナリスト)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン