芸能

『カムカム』にも登場「ノストラダムスの大予言」、いまだに題材になるワケ

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

爽やかなオフィシャル写真た「ノストラダムスの大予言」が登場(NHK公式HPより)

 20年以上前に世の中を騒がせた「ノストラダムスの大予言」。今年、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリィバディ』など複数の作品で取り上げられている。いまなぜノストラダムスなのか? かつてこの予言を題材にした作品を振り返りながら、コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 今年はなぜか「ノストラダムスの大予言」がからんだ話が目立つ。

『カムカムエヴリィバディ』のヒロインひなた(川栄李奈)は、「1999年7の月に空から恐怖の大王が降ってくる」という「ノストラダムスの大予言」をテレビで知って驚愕。当時つきあっていた京都撮影所の大部屋俳優・五十嵐文四郎(本郷奏多)に「一秒でも長く文ちゃんと一緒にいたい」と熱烈ラブコールするが、「俺は今はまだ結婚できない」と言われ、結局、失恋してしまう。

 それだけかと思ったら、いよいよきてしまった1999年、ひなたは『だんご三兄弟』のヒットで、家業の回転焼が売れなくなるかもと「これが大王?」と考える。「ハリウッドが江戸時代を舞台にした映画を撮る」という大ニュースにも張り切ることができない。それどころか、7月にアメリカから視察団が来日すると聞いて、「これが…」とおびえ顔になるのである。

 一方、公開中の映画『KAPPEI カッペイ』の主人公は、大予言を信じ、乱世の救世主になるため、人里離れた場所で殺人拳の修行にすべてを捧げてきた男・勝平(伊藤英明)と終末の戦士たち(山本耕史、小澤征悦、大貫勇輔)。だが、予言ははずれ、師匠(古田新太)から、あっさり解散と言われた彼らは、東京に流れ着き、勝平は女子大生(上白石萌歌)に初めての恋をする…。素肌にノースリーブGジャン、短パン(ホントに短いやつ)で、頭から湯気が出るような勢いで彼女に突進を試みる勝平。それもこれもすべてノストラダムスの予言のせいとも言える。

 さらに、さくらももこは、早くからノストラダムスをネタにしていた。『ちびまる子ちゃん』のアニメでは、205話で「ノストラダムスの大予言の年」という話を放送。放送されたのが1999年1月3日、予言当年の新年早々というところがすごい。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン