芸能

TBSエースの江藤愛アナ 日陰の彼女を救った「三田寛子の言葉」

江藤愛アナ

江藤愛アナを救った言葉とは

 2012年から出演している『ひるおび!』のアシスタントに加え、昨年秋からは『THE TIME,』の木・金サブキャスターを兼任。朝昼の帯番組を掛け持ちし、もはやすっかり“局の顔”となったTBSの江藤愛アナ(36)。

 昨年春の人事では、課長クラスである「エキスパート特任職トップスペシャリスト」に昇進。名実ともに同局のエースアナとなった江藤アナだが、一見おっとりした彼女が、シビアな女子アナ業界を駆け上ってきた影には、ある人物の支えがあったという。『ひるおび!』関係者が明かす。

「『ひるおび!』金曜コメンテーターの三田寛子さん(56)です。あまり知られていませんが、2人はプライベートでも大の仲良し。江藤さんは、三田さんの息子さんたちの舞台があるときは、時間さえ合えば歌舞伎以外の小劇場の公演にも駆けつけるほどです」

 現在は押しも押されもせぬエースである江藤アナだが、実はここまでの道は平坦ではなかった。

「江藤さんの同期には、現在はフリーアナウンサーに転向した田中みな実さん(35)がいました。独特の“ぶりっ子キャラ”に自らの恋愛スキャンダルもネタに変えていく田中さんにばかり脚光が当たり、どうしても江藤さんの影は薄くなってしまった。江藤さんの持ち味は田中さんと対照的に、進行を順調に進めることをメインとした“自分の色を出さない控えめなアシスト”にあるのですが、それが裏目に出たのか、一時期はネットでも『暗い』『お昼の時間にあんな物静かな女子アナを出さないでくれ』という心ない声が多くあがっていたんです」(同前)

 そんな逆風の中の江藤アナを支えていたのが、三田だった。

「中村芝翫さん(56)と結婚した三田さんは、元アイドルという伝統芸能の世界とは無縁な場所から、歌舞伎界の名門・成駒屋の嫁として凄まじい努力を重ね、芝翫さんのケアだけではなく、3人の息子をも歌舞伎役者に育てあげた。現在は梨園の妻の中ではトップレベルの位置にいる三田さんですが、はじめは『アイドルに梨園の妻が務まるのか』などと批判を浴びたことも。

 そんな逆境下で苦労してきた自分と、伸び悩んでいた江藤さんを重ね合わせたのでしょう。三田さんのほうから江藤さんに声をかけ、悩みを聞き、どうやって自分が逆境を乗り越えてきたかなどを話していたと言います。江藤さんが出番の前には決まって三田さんが『おきばりやす!』(京都弁で『頑張ってね』の意味)と声をかけて励ましていたそうです」(同前)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン