スポーツ

52歳の新人調教師・蛯名正義氏 自分の「前進」を実感した再スタート

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

2020年に調教師試験に合格した名手・蛯名正義氏

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、調教師デビューについてお届けする。

 * * *
 3月も半ばを過ぎました。蛯名正義厩舎の管理馬は、5頭出走しましたが、まだ一つも勝てていません(3月21日終了時点)。みな、いい競馬はしてくれているんですけどね。

 角田大河くん、今村聖奈さんなどすでに初勝利をあげた新人もいますが、僕がジョッキーとして初めて勝ったのは14戦目、初騎乗から1か月以上たっていました。これが“マイペース”なのかもしれない(笑)。

 一緒に試験勉強した仲間、村田一誠くん、嘉藤貴行くん、西田雄一郎くんは、すでに初勝利をあげましたが、焦りはありません。同期の勝利を素直に喜んでいます。

《2022年3月12日阪神9日10Rレッドアルマーダ・7着》──JRAホームページの調教師名鑑に僕の「初出走」はこう記されました。

 パドックに出ていく時、テレビカメラは僕をアップで撮っているんだろうなと思いましたが、初出走だという特別な意識はありませんでした。

(ジョッキーの池添)謙一と、レース前にどういう話をしたらいいんだろう、こちらが考えていることを、押しつけではなく伝えなくてはと考えていました。厩舎としては点ではなく線として考えているので、今回勝てなくても次につながるような競馬をしてほしいわけで、そういうことの伝え方も考えますね。僕よりも謙一のほうが気にしているようでした。「蛯名さんの初出走だ」と思ってプレッシャーになっていたかもしれません。

 レースは生き物だからその時の雰囲気とか流れによって判断しなければならない。僕がああしろこうしろとは言ってもその通りにはならない。その馬のクセとか特徴とかを伝えること。何より馬装がちゃんとしているかのチェック。これが調教師の仕事。あとはジョッキーの考えに任せます。技術調教師のときもパドックに出ていきましたし、「いい競馬をしてほしい」というのは同じですけれど、これからは、勝てば自分のところにお金が入ってくる(笑)。これは大きな違いです。

 レースは割と冷静に見ていました。いろいろな調教師がいて、机を叩きながら大声でジョッキーの名前を叫んでいる先生もいます。その辺は、ファンと変わりませんね(笑)。僕はまだそれほどレースを使っていないので、これからどうなるか分からないですけれど。

 レッドアルマーダはいいスタートを切って先行しましたが、直線でちょっと苦しくなった。でも一瞬差し返すような脚を見せて、頑張ってくれました。いい内容の競馬をしたなと思っています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン