芸能

小林麻耶の告発騒動どうなる?“海老蔵謝罪”でも収まらず「誰も得しない」展開に

暴露を続ける小林麻耶と元夫・國光氏

國光氏のYouTubeで暴露を続けた小林麻耶

 ブログやYouTubeで市川海老蔵(44才)に対する批判を繰り返してきた小林麻耶(42才)。海老蔵から麻耶に対して謝罪があったようだが、事態は収束しそうにない──。

 麻耶は3月21日、元夫(当時)である國光吟氏のYouTubeチャンネルに突如として動画を公開。そこで、妹・小林麻央さん(享年34)の夫・海老蔵についての告発をしたのだ。いずれも真偽は不明だが、麻耶は複数の動画で、海老蔵が麻央さんの闘病中に病室で競馬を楽しんでいたこと、“病室に5秒といられなかった”こと、麻央さんが受けていた民間療法が海老蔵の意向だったこと、海老蔵が麻耶から9000万円を借りていたことなどを暴露。さらに、1日に何十本も投稿するスタイルで、ブログでも海老蔵批判を展開している。

 そんななか、3月30日に麻耶は〈皆様のおかげでようやくやっとブログのお詫びの連絡が入りました。直接会ってあきらさんと私に謝罪したいということでした〉とブログに投稿。海老蔵から麻耶に対して謝罪の連絡があったというのだ。

「麻耶さんは、國光氏と昨年4月に離婚しましたが、発表はしていませんでした。そんななか、海老蔵さんが昨年10月、自身のブログで麻耶さんの離婚をほのめかした。この海老蔵さんのブログをきっかけに、海老蔵さんのファンから誹謗中傷を受けるようになったということで、麻耶さんと國光氏は怒っているようです。今回の海老蔵さんの謝罪は、離婚をほのめかしたことに対するものだと見られています」(芸能記者・以下同)

 しかし麻耶は、ブログで〈結婚してから約4年間海老蔵のせいで生き地獄でした。いくら甘すぎる私でも許すわけにはいきません。条件を提示し、許すかどうかとなるでしょう〉とも綴っており、謝罪をそのまま受け入れるわけではないようだ。

 その後、4月1日に麻耶は國光氏との再婚を発表。暴露動画も削除されており、麻耶と國光氏に平穏な日々が訪れたかと思いきや、そうでもなさそうだ。

「麻耶さんは“海老蔵さんから謝罪があった”とブログに書いたことで、また海老蔵ファンから誹謗中傷を受けるようになったとブログに書いています。そのため、麻耶さんは海老蔵さんに対して、謝罪したことを明言してほしいとブログで訴えていますが、海老蔵さんは完全にスルー状態。事態は収束に向かったようにも見えましたが、結局泥沼ですね。この騒動はまだまだ続きそうです」

 今回の暴露騒動によって、麻耶の“芸能活動”はほぼ不可能になったとの見方もある。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン