芸能

中島知子、別府移住3年目 大分ローカル著名人は“新参者”をどう見ているのか

大分の創刊編集長だった早水浩二氏(右)とタレント・ミュージシャンの大野タカシ氏と中島知子が対談

大分の創刊編集長だった早水浩二氏(右)とタレント・ミュージシャンの大野タカシ氏と中島知子が対談

 昨年末、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演し、大分県別府市に移住したことを明かした中島知子。大分とは縁もゆかりもない彼女が地元から愛されるようになったのはなぜか──。その理由を探るため、大分の人気情報誌『月刊・シティ情報おおいた』の創刊編集長だった早水浩二氏と、低音で響く声が「大分の福山雅治」と称されるタレント・ミュージシャンの大野タカシ氏を招いて語り合った。

早水:そもそも、なんで移住先に大分を選んだの?

中島:もともと温泉が好きで仕事はもちろんプライベートでもあちこち行ってたんですよ。なかでも大分は温泉の数も泉質も様々で別格でした。それで、「毎日入りたい」と思って移住したんですよね。

大野:大分は本当にどこにでも温泉があって、公衆浴場数も約400軒と全国トップクラスですからね。

中島:東京や大阪じゃありえない話ですけど、大分では無料で入れる所や入場料100円の浴場もあってすごいです。こっちに来て「マイ桶」を買いましたよ。

早水:マイ桶は大分県民の必需品やから(笑)。

中島:早水さんは情報誌を編集されていましたが、「大分の魅力」を改めて語るとすると、どうですか?

早水:なにより「食」が豊かだよね。実は鶏肉の消費量が宮崎より多いし、干し椎茸も生産量が日本一。ただ特産の「かぼす」は宮崎のマンゴーやなんかに比べると認知度は低い。なんせアピール下手だから(笑)。

大野:その通り! 大分には自称“宮崎県のセールスマン”こと東国原英夫さんのようなスポークスマンがいないんですよね。

中島:深津絵里さんも大分県出身で芸能界デビュー前に『月刊・シティ情報おおいた』に載ったのが、“芸能界デビュー”だったんですよね?

早水:そんなこともあったなあ~、懐かしい。彼女は大分の子とは思えないほど凄いオーラがあったよ。

大野:でも最近はやっと、大分市出身の指原莉乃さんが売れて、市の観光大使としてアピールしてくれるようになりましたよね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン