ライフ

慢性腰痛に「PRP上清」注射 臨床試験で疼痛の緩和を確認

「PRP上清」注射の効果は?(イラスト/いかわ やすとし)

「PRP上清」注射の効果は?(イラスト/いかわ やすとし)

 椎間板変性が進行すると慢性疼痛に悩まされることがある。その椎間板性慢性疼痛は高齢者以外にアスリートや過重労働の若い世代にも多い。昨年、椎間板性慢性疼痛に対し、多血小板血漿(PRP)上清を椎間板に直接注射する臨床試験が行なわれ、有効性が確認された。PRPは組織修復能力に優れており、抗炎症作用で疼痛緩和に導いている。

 現在、医療分野ではPRPを利用した再生治療が行なわれている。

 PRPとは血液にある血漿の一部で、血小板の成長因子が高濃度に凝集され、組織修復能力に優れている。そこで日本人に多い慢性腰痛の中でも、特に椎間板性慢性疼痛の治療にPRPを利用した研究が進行中だ。なにせ椎間板が変性するとヘルニアになり、悪化すると、すべり症にもなる。多くの症例は痛みを伴い、日常生活に支障をきたす。

 椎間板性慢性疼痛は高齢者の疾患と思われがちだが、アスリートや過重労働の若い世代に多い。患者の約7割に遺伝的要因があり、そこにスポーツや過重労働の環境因子が加わることでも発症する。

 三重大学大学院運動器外科の明田浩司講師に聞く。

「椎間板性慢性疼痛は年齢を問わず、どの世代でも発症しますが、このPRP治療は自己血を使うので安全な治療といえます。PRPは血液を遠心分離して取り出しますが、私の場合はPRPを体外で活性化させ、さらに遠心分離した“PRP上清”を抽出して使用します」

 椎間板性慢性疼痛はMRIなどの画像で確認できるが、変性箇所(椎間板が狭くなっている箇所など)すべてで痛みが発生するわけではないので、まずは椎間板の変性箇所に局所麻酔と造影剤を注入して検査する。画像を確認しながら、変性箇所ひとつひとつに局所麻酔を打ち、痛みが消えたかどうか患者に確認。つまり、疼痛が消えた箇所が痛みの発生源と特定することができるため、その変性箇所に直接、PRP上清の注射を行なう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト