ライフ

小児へのワクチン接種の是非 医師も「全員に接種させるべきか“わからない”」

小児へのワクチン接種に医師はどう考えているのか(写真/共同通信社)

小児へのワクチン接種に医師はどう考えているのか(写真/共同通信社)

 3月から全国で小児(5~11歳)に対する新型コロナワクチンの接種が始まっている。首相官邸のホームページによると、4月4日の時点で約65万2541回(うち2回接種は8万8161人)の接種が完了している。対象となる小児は約741万人で、割合で言えば1回接種は約7.6%、2回接種は約1.2%。出足は鈍い。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師はこう語る。

「ほとんどの自治体が個別接種のみで対応していることもありますが、接種率は想定より低いですね。米国やカナダ、フランス、イスラエルなどでも先行して始まっていますが、海外でも小児接種は成人接種と比べて低調です」

 懸念されるのが接種による副反応だ。3月18日、厚労省がワクチン分科会副反応検討部会に提出した資料によると、2021年2月17日の接種開始から1571件の死亡が報告されている。

 この部会において、小児接種についても初めて報告が上がり、3月11日時点で2件が確認されている。

 1件は5歳の女児で、症状は「嘔吐」。もう1件は10歳の女児で、症状は「胸痛、腕の痛み(接種と反対側)、痙攣、倦怠感」。いずれも重篤度は「重くない」という。5歳の女児はアレルギー性鼻炎で抗ヒスタミン薬のオロパタジンを服用していたが、2人とも基礎疾患はない。

 この2件について検討部会は、「情報不足等によりワクチンとの因果関係が評価できない」としている。また、副反応が起きる頻度も成人の接種と比べて頻度が高いとは言えないと報告されている。

 それでも、親の不安は募る。都内で10歳の女児を持つAさん(男性・45歳)はこう語る。

「子供の副反応は出にくいと言われていますが、こうした報告があるとどうしても心配になってしまう。今回の調査は接種開始からまだ日が浅いので、これから副反応の報告は増えていくと思う。当初接種させる予定でしたが、オミクロン株の症状は軽いようだし、なかなか踏ん切りがつかない。ママ友の間でも“どうしようか”と話題になっています」

 小児ワクチンの集団接種の現場に立つ帝京大学大学院公衆衛生学研究科の小児科医・高橋謙造医師はこう語る。

「集団接種の会場に来られた保護者からは、“打った後に熱が出たらどうするか”とか、接種後の副反応への対応を熱心に聞かれることが多いです。診療の現場でも、『受けたほうがいいと思っているけど、副反応が心配』という声が一番多いですね」

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン