ライフ

小児へのワクチン接種の是非 医師も「全員に接種させるべきか“わからない”」

小児へのワクチン接種に医師はどう考えているのか(写真/共同通信社)

小児へのワクチン接種に医師はどう考えているのか(写真/共同通信社)

 3月から全国で小児(5~11歳)に対する新型コロナワクチンの接種が始まっている。首相官邸のホームページによると、4月4日の時点で約65万2541回(うち2回接種は8万8161人)の接種が完了している。対象となる小児は約741万人で、割合で言えば1回接種は約7.6%、2回接種は約1.2%。出足は鈍い。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師はこう語る。

「ほとんどの自治体が個別接種のみで対応していることもありますが、接種率は想定より低いですね。米国やカナダ、フランス、イスラエルなどでも先行して始まっていますが、海外でも小児接種は成人接種と比べて低調です」

 懸念されるのが接種による副反応だ。3月18日、厚労省がワクチン分科会副反応検討部会に提出した資料によると、2021年2月17日の接種開始から1571件の死亡が報告されている。

 この部会において、小児接種についても初めて報告が上がり、3月11日時点で2件が確認されている。

 1件は5歳の女児で、症状は「嘔吐」。もう1件は10歳の女児で、症状は「胸痛、腕の痛み(接種と反対側)、痙攣、倦怠感」。いずれも重篤度は「重くない」という。5歳の女児はアレルギー性鼻炎で抗ヒスタミン薬のオロパタジンを服用していたが、2人とも基礎疾患はない。

 この2件について検討部会は、「情報不足等によりワクチンとの因果関係が評価できない」としている。また、副反応が起きる頻度も成人の接種と比べて頻度が高いとは言えないと報告されている。

 それでも、親の不安は募る。都内で10歳の女児を持つAさん(男性・45歳)はこう語る。

「子供の副反応は出にくいと言われていますが、こうした報告があるとどうしても心配になってしまう。今回の調査は接種開始からまだ日が浅いので、これから副反応の報告は増えていくと思う。当初接種させる予定でしたが、オミクロン株の症状は軽いようだし、なかなか踏ん切りがつかない。ママ友の間でも“どうしようか”と話題になっています」

 小児ワクチンの集団接種の現場に立つ帝京大学大学院公衆衛生学研究科の小児科医・高橋謙造医師はこう語る。

「集団接種の会場に来られた保護者からは、“打った後に熱が出たらどうするか”とか、接種後の副反応への対応を熱心に聞かれることが多いです。診療の現場でも、『受けたほうがいいと思っているけど、副反応が心配』という声が一番多いですね」

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン