ビジネス

悪しき円安と値上げの春 日本の「買い負け」はどこまで続くのか

黒田東彦日銀総裁は3月30日昼、岸田文雄首相と会談後、記者団に「内外の経済情勢や金融市場の状況について話した」と述べた(時事通信フォト)

黒田東彦日銀総裁は3月30日昼、岸田文雄首相と会談後、記者団に「内外の経済情勢や金融市場の状況について話した」と述べた(時事通信フォト)

「企業はコロナ禍もあって生産の一部を国内回帰に転換し始めています。農業も輸出を奨励するようになりました。しかし工業も農業も、まず作るためには輸入しなければならない。いますぐ物が不足するとか飢えるとかの話ではありませんが家計は直撃します。少数の大金持ちはいいんです。どうなったって大金持ちは強い。でも日本の一般国民の大半は私も含めて庶民でしょう。庶民の家計は直撃します。食料はもちろん、電気やガソリンだって為替相場と無縁ではありません」

対ドル150円になったらギブアップする企業も続出するでしょう

 21世紀に入ってしばらく、激安に慣らされた日本人にとって近年は経験したことのない値上げの嵐、そしてそれは現在も進行中である。

「たとえばゴムなんかも顕著ですね、10%くらい上がってるんじゃないですか」

 ゴムというと車のタイヤをすぐに思い浮かべるが、シリコンやバイトン(フッ素ゴム)などもあり、たとえば弁当のパッキンや食品のゴム容器(食品衛生法適合材に限る)もゴムである。

「食品そのものの値上げもそうですが、容器もコストがかかるんです。ナフサなんかも高いですね」

 ナフサとは合成樹脂の原料で、これも石油製品である。牛乳パックは紙だから関係ない(紙も高騰しているが)と思いがちだが、パッケージには合成樹脂が使われている。私たちの生活、そのほとんどは海外に依存している。日本がロシアのような制裁を受ければ半年持たないだろう。

「そんな日本が円安容認ですよ。まして戦争でも円が高くならない。いままでと違う『悪しき円安』なんです。これから何もかも値上げするでしょうし、うちも買い勝つためにはそれなりの値で買いつけるしかありません。事業参入先も新規開拓が必要でしょう。最近は値上げ基調からか顧客の理解も得られるようになりました」

 より安く、より良いものを、という一般客に対して企業は安売りをするしかなかった。そのために中間業者はもちろん生産者に無理を頼むしかなかった。それがコロナ禍と戦争、そして日本そのものの円安も含めた弱体化により値上げをするしかなくなった。この流れは止まらないだろう。

「いまは120円台ですが、私は対ドルで150円くらいの円安はあると踏んでいます。そうなったらギブアップする企業も続出するでしょうね」

 1ドル150円は内外の投資家も警鐘を鳴らしはじめている。先の円安予想のように逆の意味で外れてくれればありがたいが、悪い方の予想は得てして当たるもの。国力が衰え、賃金が上がらぬままにインフレが進めば、景気停滞と物価上昇が同時に進行するスタグフレーションが起きかねない。スタグフレーションといえばアルゼンチン、知らない人は笑うだろうが、かつてアルゼンチンは欧米が警戒するほどに裕福な経済立国だった。重度のスタグフレーションに陥れば、資源も食料も他国頼みの日本はアルゼンチンのように凋落する可能性がある。軽度ならかつてのイギリスだろうか、凋落は仕方がないが、せめてこの程度にはとどめたい。

 黒田東彦日銀総裁は3月25日の委員会答弁で「円に対する信頼」は失われていないと述べた。円安が日本経済にプラスという姿勢もいまだ崩していない。かつて円安は「125円まで」とそれ以上の円安はありえないと語った総裁の手腕やいかにだが、大本営発表とは裏腹に、私たち一般国民の生活は円安と買い負け、物価高とそれを無視するかのような増税で厳しくなるばかりだ。

 総裁、この円安、本当に容認していいのだろうか。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。社会問題、社会倫理のルポルタージュを手掛ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト