ビジネス

悪しき円安と値上げの春 日本の「買い負け」はどこまで続くのか

円を変動相場制へ移行した1973年、1ドル=360円から円が急騰した。東京・中央区の東京銀行本店で刻々変化するドル相場の対応に忙しい銀行員(時事通信フォト)

円を変動相場制へ移行した1973年、1ドル=360円から円が急騰した。東京・中央区の東京銀行本店で刻々変化するドル相場の対応に忙しい銀行員(時事通信フォト)

買い負ける円安です

「同じ額でも当時の円安とは違います。物価も違いますしね。国の実力、衰退そのままに円の価値が下がっている今は悪しき円安でしょう。買い負ける円安です」

 これについては『憂国の商社マンが明かす「日本、買い負け」の現実 肉も魚も油も豆も中国に流れる』『商社マンが明かす世界食料争奪戦の現場 日本がこのままでは「第二の敗戦」も』『なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も』『ウクライナ侵攻の裏で進む世界食料争奪戦 激安を賛美する日本の危うさ』と昨年末からこれまで一貫して取り上げてきたが、すべての元凶は「悪しき円安」にあり、それによる「買い負け」と国力の衰退にある、という論は互いに一致している。

「自動車を輸出しているのだから円安歓迎なんてとんでもない。日本はその自動車すら部品も、その資材や素材も輸入しているのですから。日本は輸入大国なんです。海外でノックダウン生産するにしても同じことです。一から自国で調達できないのですから」

 米を除く主要穀物(大豆、小麦、トウモロコシ)の90%、主要エネルギー資源(石油、石炭、天然ガス)および鉱物資源(銅、亜鉛、ニッケル、ベースメタル、レアメタルなど)のほぼ100%を輸入に依存する日本で円安が進めば、それはみなさん肌身で感じている通りの物価高に直結するのは自明の理である。物価高どころか半導体や電子部品のようになれば「欲しい物が手に入らない」状態に陥る。現に納期遅延、受注中止とそうなりつつある。

「経常収支が赤字なんです。つまり日本自体の力がない。アメリカとの金利格差もありますが、かつての円安とは違うんです。まさに、買い負ける円安です」

 2月の貿易統計は6683億円の赤字だった。思えばこの「買い負け」、筆者もこれまで日本が「買い負け」するとは夢にも思わなかった。日本は経済大国で、円安だろうと円高だろうと景気がよかろうと悪かろうと欲しい物を市場で手に入れられると当たり前のように思ってきた。買ったものを日本に運んできてもらうこともまた、当たり前のように思ってきた。それがいまや他国に買い負け、船すら他国に取り負けるどころか港に寄り渋られて、予定した寄港を取りやめる「抜港」までされる体たらくだ。

「昔は『1ドル200円とかだった』って言う年寄りもいますけど、国内製造中心で冷戦下の環境とは違いますからね。東側諸国が最初から経済競争を放棄しているような時代の日本とは違いますよ」

 冷戦崩壊後、イデオロギーによるディスアドバンテージを負っていた旧東側の国々も資本の国際競争に参入してきた。もちろん最大の勝ち組は中国、13億の人口と圧倒的な資源、高い自給率を誇る豊富な食料、300発の核兵器、その上で積極的に日本から資本や技術を取り入れて21世紀の新大国に名乗りを上げた。日本はその中国を下請けに使いながらも買い負け続けるという不思議な負け戦にハマってきた。その立場もいまや逆転しかけている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン