芸能

時と戯れた『カムカム』 破天荒な演出に違和感がなかった不思議

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

爽やかなオフィシャル写真(NHK公式HPより)

 朝ドラの歴史のなかでも秀作として語り継がれるのではないだろうか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』がとうとう終わってしまった。「ロス」という言葉でごまかすことができない喪失感に包まれている視聴者も多いはず。無駄なキャラクターは1人もいなかったし、小さなエピソードもつながり伏線は確実に回収されていく。そんな心地よさに満ちていた。とはいえ振り返れば、「異色だらけ」の朝ドラでした。

 まず、主人公が一人ではなく三世代にわたる。子-母-祖母のファミリー100年を描き出す時の幅。しかも最終週のタイトルには「2003~2025」とあって、なんと2025年の未来まで描いてしまった。こんな朝ドラ見たことない。未来へのワープって、朝ドラでは禁じ手ではないのでしょうか。

 また、「時空間を一気に行き来する」演出にも驚かされました。冒頭、コロナ禍の中らしきマスクの人々が映り2024年度から始まる新しい英語講座の話題が。しかし本編が始まると、いきなり20年程前に戻る。そんな「飛び技」も随所で自在に使いこなしていました。

「時」といえば、親と子、あるいは孫を同じ役者が演じるという飛び技も多用しました。銀幕スター桃山剣之介の親子2役を演じた尾上菊之助、ジャズ喫茶のマスター定一と息子の健一を演じた世良公則。荒物屋の親子2役となった堀部圭亮。きぬちゃんを演じた小野花梨が、最終回に孫の花菜役で登場したことも話題になりました。考えてみれば、親から子、孫へと遺伝子を受け継ぐわけで似た雰囲気でも不思議はない。けれどもトリッキーすぎるからか、これまで朝ドラではそんな遊び心のある演出を見たこともなかった。

 そもそも「時」といえば主人公・るいが象徴的。50才に近い深津絵里さんがうら若き10代の女性になって登場し、未来の白髪の老いた姿まで披露。時と戯れる主人公を深津さんが見事に演じ切りました。

 物語の中には過去の歌謡曲や映画の引用等のパロディも盛りだくさん。まさしく「時」を楽しむ仕掛けがありました。いろいろと破天荒。しかし一番驚くことは、見ている視聴者にとって破天荒が全くマイナスにならなかったことでしょう。こんなに思い切った演出なのに違和感がなかったのだから不思議です。

 たとえ説明がなくても時空間を飛んだとしても、十分にドラマは成り立つ。朝ドラの枠なんてあるようでないしその枠を破ったっていい。一人の主人公を軸にした物語を展開しなくたって視聴者は存分に楽しめる。そうしたことを次々に証明してみせてしまった。もはや、一人主人公のいつもの朝ドラへ戻ることができなくなりそう。

 極端なことを言えば、『カムカムエヴリバディ』は固有の人間の物語という以上に、人と人をつなぐ「時」を描いた。そしてその「時」は、究極のテーマを伝えるための壮大な仕掛けだった。

 では究極のテーマとは何でしょう? 「おいしゅうなれ、おいしゅうなれ、おいしゅうなれ」の呪文の中に隠されていたのでは。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン