ライフ

我が子の入社式に参加したいと申し出る親は少なくないのが現実

新しく社会人になる我が子が心配な気持ちはわかるが……(イメージ)

新しく社会人になる我が子が心配な気持ちはわかるが……(イメージ)

 親にとって子供は、成人しても就職しても子供のままで、大丈夫だと思いつつ心配なものだ。心配のあまり新卒で就職した子供の入社式への出席を望む親も珍しくないらしい。ライターの森鷹久氏が、新卒社員の入社をめぐって起きる親子の問題と「子供たち」の向き合い方についてレポートする。

 * * *
 都内オフィス街にも程近いカフェにいたのは、いかにも「着慣れていない」感じの真新しいスーツ姿の若い男性。男性の横には、シックなワンピースにジャケット姿、見た目50歳前後かと思われる女性がいて、男性に忘れ物がないか、道順は把握しているか、としきりに確認している。カフェの店員・山崎明彦さん(仮名・40代)がその時を振り返る。

「春だし、入学式シーズンだな、と思って微笑ましい気持ちで眺めていましたが、どうも様子が違う。大学生のアルバイトスタッフに『今日はどこの大学の入学式?』と聞くと、まだ入学式は先ですよ、って鼻で笑われちゃって」(山崎さん)

 山崎さんはてっきり、カフェから歩いて十数分のところにある大規模イベント会場で、どこかの大学の入学式でも行われているのではないか、そう思っていたのだが、違った。あの若い男性は、オフィス街にあるどこかの企業の新入社員であり、山崎さんが目撃したのは、男性の入社式に母親が付き添っている一部始終だったのだ。

「一組だけならまだしも、同じようなお客さんが何組もいたので『入学式』と思ったのですが。新社会人にしては子供っぽいというか、母親に付き添われていたからそう思えたのか。もちろん、同じような真新しいリクルートスーツで、母親に付き添われている若い女性もいましたが、男性の方が多い印象です」(山崎さん)

 地方から上京し、慣れない大都会で新生活を始める子供が心配で、入学式、そして一人暮らしの自宅まで付き添いあれこれと世話をする、これはごく自然なことだ。あるいは、いくら新成年とはいえ、18歳の我が子の門出を祝いたいという思いで親が入学式に参加する、これも一般的だ。18歳で社会人になる、という場合ももちろんあろうが、それを含めても、新社会人の入社式に親が随伴するとは驚きだ。

 しかし「めずらしくない」と話すのは、山崎さんのカフェ近くに本社を構える、東証一部上場企業の人事部員・許斐真由美さん(仮名・30代)だ。

「我が子の入社式に『参加したい』と申し出る親御さんは意外と少なくないのです。地方から上京し、子供の東京での新生活が不安だ、とか、子供の会社がどういうところか見てみたい、と言うのです。まあ、気持ちはわからなくないのですが、中には、強硬に『参加させろ』『席を準備しろ』と言ってくる親御さんもいて、なだめるのに苦労します」(許斐さん)

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト