ライフ

我が子の入社式に参加したいと申し出る親は少なくないのが現実

新卒入社の我が子の配属先にもの申す親もいる(イメージ)

新卒入社の我が子の配属先にもの申す親もいる(イメージ)

 コロナ禍以降、昨年までは、大手企業の多くで入社式がリモート形式での開催になったり、ソーシャルディスタンスをとるために出席者を制限することに対する理解も広がっており、こうしたトラブルは鳴りを潜めていたという。だが、今年になってまた「再発」しているのだと嘆く。

「弊社の入社式は原則として社員の出席しか想定していませんので、会場に親御さんは入れません。入れないとなれば諦めるご家族も多いのですが、それでも付き添いに来られる親御さんは会場近くでお待ちになるわけです。新入社員の中には、そういった親御さんの行動を疎ましく思っている方もいて、式場の外で口論になっている場合もある」(許斐さん)

 同じく、都内の大手通信系企業社員・野村敏さん(仮名・40代)も今年、入社式に付き添う親の姿を複数目撃したと証言するが、そのほとんどが、男性の新入社員の親だったと振り返る。

「我が社は、社内ホールでの入社式だったのですが、ホール内の男子トイレで、新入社員がお母さんにネクタイを結んでもらっていたのには、思わず吹き出してしまいました(笑)。正直、そんな奴(新人)が部下になるのかと眩暈がしましたね。一方、母親が付き添ってきたらしい女性の新入社員は、ホールの入り口で『いい加減にして、はずかしい!』と母親に向かって声を荒げていましたよ」(野村さん)

 親の過保護と言っても、ほとんどの場合はここまで。独り立ちした新社会人たちは、後に「うちの親は心配性だから」と笑い話としてネタにするのだというが、ごく一部の親たちの「過保護」が継続する場合もあると、野村さんはいう。

「新人には、半年ほどいろいろな部署で研修をしてもらい、希望する部署へ配属されていくのですが、研修の段階から『うちの子供は××部を希望していない』とか『嫌がることをするなんてパワハラ』といった親からクレームが入ることもめずらしくない。本人に聞くと『頑張りたい』というのですが、本人が親と会社の板挟みにあい、本配属前に辞めてしまうというパターンも、少ないですがあります。気の毒というしかないですよ」(野村さん)

 企業によっては、こうした親の介入をなるだけ防ぐべく、親向けの「入社説明会」を行うこともある。また、入社式に家族を招待するのが恒例となっている企業もあるし、数年前に新卒の就職活動において、企業が内定を出した学生の保護者に「オヤカク(親への確認)」を行うケースが増えていることが話題になった。十年、二十年前に働き始めた会社員が持つ常識は古いと言われる面もあるのは確かだが、やはり過保護なのではないかと思わざるをえない。

 では、一番の当事者である新卒社員たちは、どのような気持ちでいるのか。新卒5年目、都内の大手銀行員・中島悠太さん(仮名・20代)が打ち明ける。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト