芸能

【特集1982年】『金八」『あばれはっちゃく』など社会問題を投影したドラマが人気

武田鉄矢が主演を務めた『3年B組金八先生』にも、当時の世相が映し出されていた

武田鉄矢が主演を務めた『3年B組金八先生』にも、当時の世相が映し出されていた

 今から40年前の1982年、バブル経済が訪れる数年前のこの時代には、その後も名作として語り継がれるドラマが数多く生まれた。この年に話題となったドラマにはどんな特徴があったのか。

家庭でも学校でもつらい日常のドラマに共感

「1982年に話題になったテレビドラマは、家族の因習や社会問題などを描いた作品が多かったんです」

 とは、コラムニストの吉田潮さん(「」内、以下同)だ。

「家族や夫婦の愛憎を描き続けた脚本家の故・橋田壽賀子さんは当時57才。この年、『夫婦』『結婚』『ああ離婚』(いずれもTBS系)など、夫や家族の理不尽さに“耐え忍ぶ妻”を頻繁に描いていました。ドラマを見ることで、女性の社会的地位の低さがよくわかりました」

 ドラマのテーマは、“日常のつらさ”を扱ったものが多かった。学園ドラマでもそれは踏襲され、『3年B組金八先生』をはじめ、『桜中学シリーズ』(『1年B組新八先生』『2年B組仙八先生』『3年B組貫八先生』)などが制作された。

「学歴が重視され、受験戦争が激化したことの弊害が表面化してきたのがこの頃だったんです。いじめや校内暴力などがニュースになり、“落ちこぼれをどうするべきか”は社会問題になりました。それを扱ったのが学園ドラマ。やはり、武田鉄矢さんの存在感が圧倒的でした。説教の口調、ヘアスタイルはクセが強く、独特の温度と粘度がありました。これが、時代が求める熱血教師像に合致したんだと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン