芸能

松田聖子が4か月で復帰、プロ意識に感嘆と心配の声 同世代からのエールも後押しか

松田聖子

悲しみから立ち上がり、活動を再開する松田聖子

 松田聖子(60才)が4月9日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪でディナーショーを開催。昨年12月に愛娘の神田沙也加さん(享年35)を亡くして以来、芸能活動を休んでいたが、およそ4か月ぶりに活動を再開した。

 沙也加さんが亡くなったのは昨年12月18日のこと。当日、都内でディナーショーを行っていた聖子は、終演後に訃報を聞いて泣き崩れ、翌日以降の公演はすべて中止となり、年末の『NHK紅白歌合戦』の出場も辞退した。しかし3月8日、休止となったディナーショーの振替公演が4月に行われることが発表され、6月からは全国ツアーもスタート。本格的に活動を再開する予定だ。

「今年1月、沙也加さんの四十九日法要が営まれたあと、納骨はせず遺骨は聖子が持ち帰ったそうです。生前、沙也加さんの交際相手を巡って聖子との間に亀裂が生じたとされ、それが解消されないまま沙也加さんは旅立ちましたが、もともと2人は“一卵性親子”と呼ばれるほど仲の良い親子。聖子は自宅に設けた祭壇から離れようとせず、愛犬の散歩さえできない時期もあり、『私のせい』とふさぎこむこともあったそうです」(フリー記者)

 しかし、3月に配布されたファンクラブの会報では、沙也加さんの思い出や娘を亡くした悲しみが4ページにわたってつづられ、9日のステージでも沙也加さんの思い出を語る場面があった。悲しみを乗り越えて、前に進む意志を固めたようだ。

「ステージでは、沙也加さんの話題について一切触れないという選択肢もあったはずですが、聖子は紅白歌合戦で沙也加さんとデュエットした『上を向いて歩こう』を歌い、さらに娘との思い出の曲『天使のウィンク』を新たにセットリストに加えました。ステージでは『この先はずっと頑張って沙也加と歌ってまいります』とも語っています。これは、自身の生き方を歌に反映させてきた聖子ならではです。

 国民的歌手として幅広く支持される聖子ですが、ファンの中心は同世代。還暦を迎えるタイミングでの悲劇に対し、同世代のファンからはとりわけ熱いエールが送られており、それが早期復帰を後押しした一因かもしれません」(前出・フリー記者)

 ただ、ネットを見ると、

「聖子さんは聖子さんの仕事を頑張って下さい!」
「お帰りなさい。これからも元気な姿を見せて下さい!」
「『前を向く』ためにも活動再開することは聖子さんにとって、とても大切なことだと思います」

と、プロ意識を称賛する声が相次ぐ一方で、

「まだ休んでもいいのに」
「どうか聖子さん、無理をしないようにしてくださいね」
「またすぐに活動休止にならないかちょっと心配」

 など、早すぎる復帰を心配する声も少なくない。なぜ聖子は、ここまで復帰を“急いだ”のか? ベテラン芸能記者の石田春男氏は、こう語る。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン