芸能

「古典落語女性版」に取り組む柳亭こみちが選ぶ 初心者も通も楽しめる6作品

こみち

女性落語家の先駆けとして活躍する柳亭こみち

 最近、注目されている女流落語家。男性噺家にはない発想の転換で聞き手を魅了している。そんな女性落語家がおすすめする落語とは──。柳亭こみちに聞いた。

 柳亭こみちが2003年に入門した当時、東京の女流は10人にも満たなかった。その後、所属する落語協会の女流で初めて家庭を持ち、2度の出産、授乳中に真打昇進と、これまで誰も歩んでこなかった道を切り開いてきた。

「これまでも、女性の先輩がたが茨の道を開拓してくださいましたので、さらに前例のない事案に直面するたび、“自分も前例を作ろう”と突き進んできました。次男を2015年12月16日に出産したときは、12月11日まで仕事をこなし、24日には高座に復帰していました(笑い)」(柳亭こみち・以下同)

 まっすぐな古典落語の演じ手として評価の高い彼女が現在取り組んでいるのは、女性にしかできない役を古典落語に落とし込む“古典落語女性版”。

 二ツ目の頃から女性版は作っていたというが、その必要性をより感じたのは真打になってからだという。

「真打になると、寄席では前も後ろもすごい人ばかり。そういう人に揉まれて高座に上がるとき、古典落語と女性版を使い分けられるよう、持ち札を多くしないとだめだと感じたんです。古典がすごい人は山ほどいますので。

 落語は、男性が演じた方が楽しい噺がほとんどです。私がどんなに古典落語で及第点を取って『女性の割には違和感なかったね』と言われても、面白さでは負けてしまう。

 自分の強みを生かすには、女性が活躍する噺、むしろ女性が出てくるからこそ面白いと思っていただける噺をもっとたくさん作るべきだと思っています」

 そんな、こみち作の女性版作品のなかから、初心者も通も楽しめる6作品を挙げてもらった。

「オリジナルと聞き比べるのも面白いと思いますが、原作を知らなくても楽しんでいただける噺を心がけています」

 まずは、侍、家来、隣人の男という登場人物を、ご婦人、女中、老婆に変えた「女たちとたけのこ(原題:たけのこ)」だ。

「このおばあさんがとんでもない人で、おばあさんが出てくると、会場がどっと沸く。落語会では人気のキャラクターです」

 そして、いまや代表作ともいえる「そばの清子(原題:そば清)」。「コンセプトは、ギャル曽根さんがいるんだから、この時代も大食いの女がいただろうと(笑い)。

『そば清』では、そばの大食いの賭けで家を3軒建てたという筋書きですが、清子さん版は子供を5人育てたという設定にしました。また、女性ならこう食べた方が面白いよねというように、しぐさにもこだわっています」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト