国際情報

「裏切り者」と責められて…日本に避難したウクライナ人家族の苦悩

集団埋葬地の前で行方不明の親族を思い涙を流す家族(共同通信社)

集団埋葬地の前で行方不明の親族を思い涙を流すウクライナ人の家族(共同通信社)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ロシアの侵攻により、日本へ避難してきたウクライナ人家族の苦悩や、ウクライナ人同士で生まれる“温度差”について。

 * * *
 都内の外国人クラブで働くウクライナ人女性たちの元には、祖国ウクライナとロシアの戦争により、家族が日本へ避難してきている。なんとか国を脱出できた家族が持ってきた荷物は、ほんのわずかだ。色々なモノを捨てて逃げてきた彼らは、親しい人に“さよなら”も告げず出てきたという。

 その時の様子を聞いた外国人クラブのオーナーA氏は、「友人知人、親戚には何も言わずに家を出たという人ばかりだった」と話す。

「彼らは、昼間は一つ所に集まって『ここでみんなで頑張ろう! なんとか全員生き残ろう』と励まし合っているのに、その夜に脱出するとは言えないのでしょう。国を捨てる、家を捨てる、逃げるという恥ずかしさと、『裏切り者』と言われるかもしれない怖さが彼らにはある。列車はどの駅から出るのか、出発時間はいつか、荷物の制限は、ペットは、など必要な情報を得るため、知らない人同士がSNSでやり取りするだけ。脱出する前に友人や親せきにメールや電話をしたという人はいないそうです」(A氏)

 脱出用の列車は夜に出発。ロシア軍に見つからないよう列車内に明かりはない。画面が光るためスマホも禁止だ。そうして安全な場所に到着して、もしくは出国して始めて、彼らは周囲の人たちに連絡をするのだという。列車の中でスマホが使えなかったからではない。伝えることが、伝えた時の相手の反応が怖いのだ。

「安全な場所へ逃げた彼らへの妬みからか、『何で言ってくれなかった!』、『何で私を誘ってくれなかった!』、『裏切り者』と責められた人もいたようだ」(A氏)

 自国の状況を巡り、A氏が知るウクライナ人の間では微妙な温度差もあるらしい。ドネツク州出身の女性は「ドネツクが内戦になったのに、他の州は知らんぷりしていた。ようやくみんな戦争の怖さが分かったのでは」と冷ややかだという。ドンバス(ドネスク州やルハンスク州)では、8年前からウクライナ政府軍と分離独立派による内戦が続いていたからだ。

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン