ライフ

岡田晴恵氏が特にワクチン接種を勧める「髄膜炎菌性髄膜炎」致死率は19%

「髄膜炎菌性髄膜炎」の恐ろしさとは?

「髄膜炎菌性髄膜炎」の恐ろしさとは?

 今もその対応に悩まされている新型コロナウイルスだけでなく、人類は様々な感染症とともに生きていかなければならない。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、「髄膜炎菌性髄膜炎」についてお届けする。

 * * *
 実は、私は白鴎大学野球部の顧問も務めています。寮生活の部員のために、特にワクチンでの予防を勧めている感染症があります。

 一般的にはあまり知られていませんが、髄膜炎菌の感染によって起こる「侵襲性髄膜炎菌感染症(髄膜炎菌性髄膜炎)」です。

 今はコロナ禍で慎んでいますが、通常、学生さんの寮生活では部屋に集まって一緒に過ごすことや、大皿での食器類の共用での楽しい食事もあるでしょう。時にはペットボトルの回し飲みもするようです。平時に学生寮が髄膜炎菌の感染のリスクが高いのは、このような共同生活の背景があってのことだと思います。この感染症は新入生が免疫をもたないで入学して感染し、さらに新生活の疲れが蓄積する5~7月に発症しやすいとされます。

 日本では年間30~40例発生し、誰でも感染する可能性がありますが、特に15歳から19歳の思春期が好発年齢です。加えて、前述のように集団生活が感染のリスクを上げるため「学校の寮などで集団生活を送る者」に対して、ワクチン接種が推奨されています。髄膜炎菌は地域によって流行する菌が違いますが、日本でもA、C、Y、Wの4価結合型ワクチンが2014年に認可され、任意で接種できます。

 2017年には横須賀市内の全寮制大学校において、10代の男子学生が突然、侵襲性髄膜炎菌感染症を発症して死亡。学校関係者の濃厚接触者は42人で、そのうち保菌者は10人でした。学生・教職員ともに注意すべき感染症です。

 髄膜炎菌は健常者の鼻咽頭にも存在しており、その保菌率は日本では0.4~0.84%です。感染者の咳やくしゃみ等の飛沫感染や接触感染で伝播されます。そして、髄膜炎菌が鼻や喉の粘膜に定着した人の1%未満で、菌が粘膜から侵入して血液に入り、全身の臓器に髄膜炎菌が到達して病気を起こします。さらに、このようになった患者の約半数で、菌が髄液に侵入して髄膜炎を起こすのです。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン