国内

マルチ商法に8年ハマった30代男性が無断でシェアハウスを出るまで

繁華街で2人一組となり「美味しい居酒屋しりませんか」と声をかけるなどしてマルチのグループへ勧誘している(イメージ、時事通信フォト)

繁華街で2人一組となり「美味しい居酒屋しりませんか」と声をかけるなどしてマルチのグループへ勧誘している(イメージ、時事通信フォト)

 失敗を繰り返して人は成長するものだが、最近、巷で広がっているマルチ商法に若者を誘う集団の活動に関わってしまうと、やり直すことが難しいほど金銭的な問題だけでなく、仕事や人生のやり直しが難しくなっているようだ。ライターの宮添優氏が、3年の共同生活を含む約8年の活動を経て今は職業訓練をしている30代後半の男性から、どのようにして「本当に何もない自分」になってしまったのかを聞いた。

 * * *
 筆者の前に現れたのは30代後半で同い年くらい、働き盛りの男性のはずだった。若干白髪まじりのヘアスタイルはついさっき起床したかのようで、髪も爪も伸び放題。申し訳ないが見た目こそ「小汚い中年」そのものではあったが、喋り方や挙動はどこか「子供っぽさ」を感じさせる。

「脱法マルチ? と言われると、僕はもうやってないんで今もそうなのかわかりませんが、そう指摘されても反論できる人がいるのかな。ルームシェアしている若い人は、今も一生懸命にやってるんじゃないですか」

 下田雅也さん(仮名・30代後半)は、現在大手紙や民放ニュースなどで大々的に取り上げられている、とある「マルチ商法」集団に所属していた。報道等によればこの集団は、繁華街での声かけや街コンなどでターゲットを見つけてはマルチ商法に勧誘するだけでなく、メンバーを同じ共同住宅に住まわせて生活時間をコントロールするなどして一種の洗脳状態にし、組織から離れられなくさせるという。そしてこの下田さんは昨年まで、都内にある、集団メンバーが集まって暮らす共同住宅にいた。

「私は関西の方でマルチっぽいビジネスをやっていまして、数年前に東京に出てきたんです。東京には組織内で世話になっている『師匠』もいるし、そんな師匠を慕って、関西やいろんなところから何人、何百人ものメンバーが上京してきて、共同生活をしていると聞いて出てきました」(下田さん)

 この組織、複数の関係者の話によれば、具体的な組織名は持たないが「事業化集団環境」という通称を持ち、東京や大阪を拠点にマルチビジネスを展開。師匠などと呼ばれるリーダー格たちからメンバーは言葉巧みに「経営者になる目標」を課せられ、経営者になるためだという理屈で月に15万円以上の化粧品や日用品を購入することになってしまうのだという。そして、月に15万円を支払う新規メンバーを集めれば集めるほど組織内での格があがる、店を持てるし師匠になれる、もっと高みを目指せと言われてその気になり、繁華街や居酒屋、街コン会場などで、土日平日関係なく、日夜怪しい勧誘に勤しんでいるというのだ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン