国内

スーパー南海地震 想定地域は東京から沖縄、津波犠牲者は最小でも47万人

(時事通信フォト)

スーパー南海地震発生なら津波で甚大な被害予想(時事通信フォト)

 3月16日午後11時36分。東日本を強い地震が襲い、福島県と宮城県で最大震度6強を記録した。さらに、4月11日には政府の地震調査委員会が「3月には日本や周辺域でマグニチュード(M)4以上の地震が195回発生した」と発表するなど、列島各地で地震が相次いでいる。

 現在、日本で最も危険視されているのが南海トラフ巨大地震だ。政府は東日本大震災と同じM(マグニチュード)9クラスと予測し、30年以内に70〜80%の確立で起きるとしている。

 それどころか、南海トラフ巨大地震の発生時、相模トラフという別の震源域と連動して、「スーパー南海地震」と呼ばれる超巨大地震に発展する可能性まで指摘されている。その被害は茨城県沖から東海、近畿、沖縄や台湾にまで至るという。スーパー南海地震が発生したら、どんな状況になるのか? 以下はそのシミュレーションだ。

〈203X年12月X日朝。東京近郊、通勤電車を待つ駅の高架ホーム。快速電車がすべり込んできたそのとき、通勤客のスマホからアラーム音が次々に鳴り出す。緊急地震速報だ。次の瞬間、ホームが激しく揺れた。立っていられなくなり、悲鳴が飛び交う。ホームの柱につかまったり、這いつくばるほかない。長い。かなりの間、揺れが続いた。

 必死にスマホの画面を見ると、「静岡県沖の南海トラフを震源とするM9.1の地震が発生」との情報。倒れた電柱や自販機を避けながら必死に家路を急ぐが、エレベーターが動かず、20階の自宅までは階段を上るしかない。

 家の中はほとんどの家具が転倒。テレビはつかず、ラジオのスイッチを入れる。アナウンサーによれば震源に近い静岡県では地震のわずか4分後、東日本大震災の最大津波16.7mを超える34mもの高さの大津波が押し寄せ、静岡市や浜松市、焼津市など沿岸都市はほぼ全域が水没したという。

 東京は無事でよかった──そう思った瞬間、首都圏に突き上げるような揺れがふたたび襲った。南海トラフ巨大地震と連動し、相模湾を震源とする相模トラフ地震が起きた。津波が東京湾に流れ込み、横浜や川崎、千葉の沿岸にある工業地帯はあっという間に津波にのまれた。石油備蓄施設が炎上、その火をまとった津波が沿岸の街を襲い、建物や駐車中の車両のガソリンに引火。爆発音を伴いながら街を焼き尽くす。火災は内陸の方へと延焼し続けた。

 津波はついに隅田川へと到達。見上げるような大津波が川をさかのぼり、東京の下町エリアをのみ込んだ。そればかりか、遠く埼玉の春日部、群馬の館林まで水びたしになる。都心の地下鉄はもちろん水の底、感電死した乗客もいたとラジオが伝えた。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン