芸能

仁科亜季子が語るがん闘病 抜け毛で取り乱した自分を救った松方弘樹の言葉

4度のがんに悩まされた女優の仁科亜季子

4度のがんに悩まされた女優の仁科亜季子

 日本人の死因第1位である「がん」。生涯で2人に1人は罹患すると言われる「国民病」だが、医学の進歩により、親が生きているうちに子供ががんになるケースも珍しくなくなった。親の介護と子育てをしながらがんと闘う辛さは想像を絶するが、4度のがんに悩まされた女優の仁科亜季子(69)はどう乗り越えたのだろうか──。

 医師の澤野豊明氏(ときわ会常磐病院外科)は「親のことで不安を漏らすのは、女性のがん患者が多い」と言う。

「女性の乳がんなどは、まさに介護や子育ての状況により治療の選択を悩むケースが少なくありません。やはり現実としては、介護などで親に関わるのは今も女性なのだと感じます」

 老親に心配をかけまいと思いつつも、自分が子育てを担う母であるがゆえに、老親に頼らざるを得ないケースもある。4度のがんに悩まされた女優の仁科亜季子が振り返る。

「最初の子宮頸がんが見つかった当時、子育てに忙しく、子供や夫(故・松方弘樹氏)のことを優先していた38歳の時です。子供2人は小学校低学年と小さく、松方さんは家のことは私に任せっきりだったので、留守番をお願いする方に事細かにノートに書き置きをしてから入院と手術に向かいました。その間に子供たちの夏休みがあったので、苗場のサマースクールに預け、東京の両親には参観日に行ってもらうなど要所要所で助けてもらいました」

 抗がん剤、手術、放射線と治療が続き、入院期間は4か月に及んだが、「子供たちのところに戻りたい」との一心で乗り越えたという。しかし、再び病魔が迫った。

「1988年に松方さんと離婚して2人の子供を引き取り、20年ぶりに女優に復帰しようとした矢先、46歳で胃がんが見つかりました。最初のがんの時より歳をとった両親には心配をかけたくなくて、高校生になった長男に最初に伝えました。

 病院が近かったので母はちょくちょく来てくれましたが、父は娘が弱っている姿を見たくなさそうで……。娘のがんを知りシュンと小さくなった父の姿を見た時は『病気になってごめんなさい』と思っていました」(仁科)

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト