スポーツ

佐々木朗希への球審詰め寄り 批判殺到も一部の野球関係者から擁護の声出るワケ

(共同通信社)

白井一行球審が佐々木に詰め寄る行動に賛否の声(共同通信社)

 完全試合を達成し、一躍時の人となったロッテの佐々木朗希(20才)が、今度は別の形で世を賑わせている。24日のオリックス戦で先発した佐々木がボールの判定に不服そうな表情を浮かべると、白井一行球審(44才)は佐々木に詰め寄り、捕手の松川虎生(18才)が必死にこれを制止。この行動が波紋を呼んでいる。

 問題の場面は2回2死1塁、カウント0-2で発生した。佐々木が投じたストレートは際どいコースだったが、球審の判定はボール。この投球で1塁ランナーが盗塁したため、佐々木は捕手・松川の2塁への送球を確認した後、苦笑いしてマウンドを降りると、白井球審は怒気を含んだ表情でマウンドに詰め寄った。40年来の野球ファンの男性はいう。

「判定に怒った選手が審判にキレるのは日常茶飯事ですが、審判が選手に怒って詰め寄るシーンなんて初めて見ました。しかも問題のシーンを見返すと、佐々木は暴力を振るったわけでも暴言を吐いたわけでもなく、苦笑いして不服そうな表情を浮かべただけ。そんなの巨人の菅野(智之)もしょっちゅうやってますよね。佐々木がマウンドを降りたことを問題視する意見もありますが、盗塁が絡んだプレーだったので、“詰め寄った”という感じでもありませんし。

 際どいコースをボールと判定されるのは、しょっちゅうあること。それにイライラしてしまったのは佐々木の若さでしょうが、40代の審判が18才の松川になだめられるなんて、異常なシーンでしたね」(野球ファン)

 白井氏の態度に対し、ネットには、

「審判としてあるまじき行為」
「球審から詰め寄るとか自分の仕事が何かわかってないのか?」
「苦笑いでこんなんされたらかなわないよ まじで試合の邪魔」

 など、批判的な意見が殺到。ただ、ダルビッシュ有(パドレス)は、Twitterに「選手も散々態度出すんだから審判にも態度出させてあげてください」とつづり、野球解説者のデーブ大久保はYouTubeで、「マウンドを降りるしぐさをしちゃってるんですね。昭和の審判なら退場ですよ」(一部抜粋)と述べるなど、関係者からは白井氏を擁護する意見も上がっている。フリーの野球記者はいう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン