国内

「できれば、早く訂正したい」NHKの特ダネに対して秋篠宮が語ったこと──衝撃のインタビュー録『秋篠宮』【第3回】

眞子さま(当時)の婚約内定情報に対し、本音を語っていたという秋篠宮さま(写真提供/宮内庁)

眞子さまの婚約内定情報に対し、本音を語っていたという秋篠宮さま(写真提供/宮内庁)

 眞子内親王(当時)とその婚約相手だった小室圭さんの結婚への歩みは、まさに「国民の一大関心事」だった。その端緒となったのは、2017年6月のNHKの婚約内定報道に他ならない。前天皇の退位をいち早く報じたのも、NHKである。皇室の内部に食い込んだ記者の存在が指摘された。そうした報道に、当の皇族はどう思われていたのか。【全3回の第3回。第1回から読む

 * * *
 婚約内定をスクープしたNHKに情報をリークしたのは、秋篠宮だという報道すらあった。秋篠宮と30年来の交流を持ち、『秋篠宮』の著者でもあるジャーナリストの江森敬治氏は、直接、本人にその真偽を尋ねたことがある。

 すぐに秋篠宮はこう本音を漏らした。

「できれば、早く訂正したいですよ」

 理由として秋篠宮は、「あの記者は、私はテレビでしか見たことがありません」と語ったという。

 しかし、秋篠宮が実際に「訂正」することはなかった。5月11日出版予定のインタビュー録『秋篠宮』にこんなやり取りがある。

〈眞子内親王に関する報道が繰り返されていたある日のこと、私は秋篠宮に報道の是非について尋ねてみた。

── 一部の報道に対して、ご意見やご感想を教えてください。

「当方の姿勢として、間違った記事が出てもよほどのことがない限り、訂正を求めたり抗議をしたりすることはいたしません。あるパラグラフの中にある不正確な箇所を指摘することは、それ以外は全て正確ということになるからです。週刊誌ではありませんが、最近はSNSでの情報拡散も多々あります。かなりけしからん記述も見られますが、それらまで含めて対応するのは、とてもできることではありません」〉

 江森氏は、秋篠宮からある種の諦念すら感じたという。

「皇室報道が憶測混じりになる背景には、宮内庁の対外発信が限られているという事情もあります。情報が少ないからこそ、ウワサが横行します。それを週刊誌が嗅ぎつけて報道します」(江森氏)

 結婚を巡る一連の報道は、小室圭さんと眞子さんの米ニューヨーク転居によって、一定の収束をみた。しかし、佳子内親王や悠仁親王、愛子内親王ら若き皇族が、そう遠くない将来に直面する問題だろう。【了。第1回から読む

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン