芸能

ちあきなおみ、表舞台から姿を消し30年「アパート経営」「病院に行かない」今

共同

ちあきなおみが姿を見せなくなってから30年(写真/共同通信社)

 引退や解散を宣言するも、しばらくして華々しく復帰するという歌い手も少なくないなか、ちあきなおみだけは沈黙を守ったままだ。彼女が姿を見せなくなり30年、代表作『喝采』の発表から50年となる今年。もう彼女の歌声を聴くことはできないのだろうか──。

 墓前には赤のカーネーションや白菊が入った仏花が供えられており、燃え切ったばかりの線香が墓参者のぬくもりを感じさせる。ここは歌手・ちあきなおみ(74才)の夫が眠る墓だ。最愛の夫が死を迎えるとちあきは表舞台から完全に身を引いたが、大切なこの場所を訪れることはやめていない。

「いまも定期的にお墓を訪れ、墓前で両手を合わせてそっと目を瞑り、長い時間を過ごされているちあきさんをよくお見かけします。こちらから声をかけることはしませんが、いくつになっても献身的な姿に胸を打たれます」(お墓を訪れた人)

 1992年に最愛の夫・郷エイ(エイは金偏に英)治さんを55才の若さで亡くし、すべての活動を休止してからまもなく30年。伝説の歌姫はいま何を思うのか──。

 近年、かつて彼女とともに同じ時代を歩んだ者たちが立て続けに旅立っている。昨年12月には、ちあきの大ヒット曲『四つのお願い』を手がけた作曲家の鈴木淳さん(享年87)が他界した。その1年前には『喝采』『夜間飛行』などを提供した作詞・作曲家で歌手の中村泰士さん(享年81)が逝去。2019年には芸名の名付け親である元フジテレビプロデューサーの千秋与四夫さんが亡くなった。

「特に第14回日本レコード大賞を受賞した『喝采』は、ちあきさんにとっても思い入れのある曲です。作曲者の中村さんは、喜寿を迎えた2016年に記念コンサートを開催し、その際、ちあきさんに祝福のコメントを依頼しましたが、彼女は『いまは一介のおばあちゃんだから』として、首を縦に振りませんでした。

 近年は縁のある“盟友”が次々と鬼籍に入り、ちあきさんへの追悼コメントの依頼も多いようですが、彼女は頑なに沈黙を貫いています」(レコード会社関係者)

 日本が学生運動に揺れた1969年、ちあきは『雨に濡れた慕情』でデビューした。その後も独特のハスキーボイスと抜群の歌唱力を駆使して次々と世にヒット曲を送り出し、「歌姫」の称号を得た。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン