郷さんとちあきの結婚報告会見(1978年)

郷さんとちあきの結婚報告会見(1978年)

 プライベートでは1978年に俳優だった郷さんと結婚。これを機に郷さんはちあきの個人事務所の社長兼プロデューサーとなり、夫婦は公私ともに充実した日々を過ごした。当時から神秘に包まれていた彼女の素顔を、元マネジャーで『ちあきなおみ 沈黙の理由』(新潮社)の著者である古賀慎一郎さんが明かす。

「最初は怖いイメージがあったけど、実際に会ってみると気さくで芸能人らしくなく、おごりがなく本当にかわいらしい人でした。ドラマのロケで遊園地に行った際は空き時間に『ジェットコースターに乗りたい』と子供のようにキャーキャー騒いでいました」

 しかし、郷さんががんを患うと幸せな生活は一変する。精魂込めて懸命に看病するちあきの姿に、病院は「夫が亡くなったら後を追うかもしれない」と警戒し、病室の窓が開かないよう全面テープ貼りにした。必死の看病も実らず、1992年9月に郷さんが他界すると、ちあきは火葬場で棺にしがみついてこう繰り返したという。

「ごめんなさい……ごめんなさいね」

スタスタと早歩きで元気そのもの

 ふたりの絆について、古賀さんが振り返る。

「結婚後、ちあきさんと郷さんは2人で1人のように生きていて、夫婦というよりも戦友でした。『私は郷さんのために歌っていた』といって聞かない彼女は、夫がいなければ歌うことはできなかった。郷さんの死後、私が『ちあきさん自身が自分をプロデュースすればいいじゃないですか』と水を向けても、彼女は『自分の好きなものしかやらなくなる』と言って、歌手活動を再開しようとはしませんでした」

 その後、彼女は長い沈黙期間に入った。「もう、ちあきなおみはいないのよ」という言葉を残して──。

「私はちあきさんが活動休止してから7年間、マネジャーとしてお仕えしました。この間、彼女は買い物などをのぞいてほとんど外出しなくなり、家のなかで自分と向き合う時間が増えました。郷さんを供養しようと仏門に興味を抱いて、家でひたすら写経することもありました。

 一方でお墓参りは欠かさず、郷さんが亡くなってから6年ほど経っても、毎日のように墓参を続け、毎回1時間ほどかけて、墓前で亡き夫と会話をしていました」(古賀さん)

 当時は、人目を忍び、人通りのある時間帯に表に出ることは多くなかったが、健康面での問題はなかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン