国内

小室圭さん NY弁護士事務所での業務はコピー、郵便物受け取り、夕食の手配など

おつかいに出ていた小室圭さん

職場からおつかいに出ていた小室圭さんだが、事務所での業務はどんなものか

 昨年11月、米ニューヨークに渡った秋篠宮家長女の眞子さんと小室圭さん夫婦。しかし、夢にまで見た新婚生活に暗雲が漂っている。今年2月、小室さんはニューヨーク州の司法試験に挑んだが、結果は前回に続いて不合格。5月にはビザが失効する見込みで、“強制退去”を余儀なくされるかもしれない。小室さん夫婦が5月に緊急帰国する可能性が浮上し、宮内庁周辺が騒然としている。

 しかし日本国内の関係者の動揺などつゆ知らず、小室夫婦は4月下旬、休日のニューヨークを並んで歩いていた。マスクをした眞子さんはゆったりしたベージュのニットにデニムパンツ、黒のフラットシューズを合わせている。

 一方の小室さんはアメリカスタンダードのノーマスク。髪形はいつも通りのポニーテールで、“海の王子”さながら、夏を先取りしたようなサーフブランドのTシャツを身につけ、『スター・ウォーズ』のキャラクターが描かれたお気に入りのスリッポンを履いている。右手には、ニューヨーカーおなじみのスーパーマーケット『ターゲット』のエコバッグが握られていた。

 ふと、小室さんが周りをきょろきょろと見回す。次の瞬間、小室さんは眞子さんの手を取った。指を絡ませ合った恋人つなぎで、ふたりは腕を大きく前後に振りながら、ニューヨークの街を歩いていった──。

「フード受け取り」のルーティン業務

 ラブラブな様子の小室さん夫婦だが、ふたりを取り巻く状況は不安定だ。先述の通り、小室さんはニューヨーク州の司法試験に2度目の不合格となった。勤務先の弁護士事務所を解雇される可能性もささやかれたが、不合格判明後も小室さんは出勤。ただ、平日は毎日出勤しているわけではないようで、オフィスに足を運ぶのは週3日ほどのようだ。

 早朝からあくせく働くわけではなく、自宅を出るのは午前10時頃。髪形は後ろで束ね、ワイヤレスイヤホンを耳につけている。時折口元を動かしたり、笑みを浮かべているように見えるのは、歌を口ずさんでいるのか、それともイヤホンを通して誰かと通話しているのか。

「司法試験に落ちたため、小室さんは法務助手としての勤務を継続しています。資料まとめといった弁護士の業務の補佐のほか、コピーや郵便物の受け取りなど、雑事をこなしているそうです」(法曹関係者)

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト