スポーツ

蛯名正義氏 勝利騎手コメント「僕は跨がっていただけ」の真相を明かす

「僕は跨がっていただけ」の真意とは

「僕は跨がっていただけ」の真相とは

 1987年の騎手デビューから34年間にわたり国内外で活躍した名手・蛯名正義氏が、2022年3月に52歳の新人調教師として再スタートした。蛯名氏の週刊ポスト連載『エビショー厩舎』から、レースに臨む騎手の心理についてお届けする。

 * * *
 騎乗依頼があって前日までに枠順が決まると、スタートはこうして、向こう正面でこうしてとシミュレーションします。これまでのレースのVTRなどを見て、パドックで馬に跨るときにどんな感じか、地下馬道ではどうか、馬場に入った時、返し馬と馬の様子をじっくり観察します。初めて乗る馬ならば、以前騎乗していたジョッキーに癖などを訊いたりすることもあります。レース当日もパドックで調教師やスタッフから状態などを聞き、本馬場に向かう途中や返し馬の時にもう一度、シミュレーションをします。

 それだけやっても、自分の思うとおりにうまく乗ることができて勝ったなんていうのは年に何回もない。下手に乗って勝った方が多いぐらいです。僕だってミスは数えきれないほどありました。負けたけどガッツポーズしたこともあります(笑)。

 勝利インタビューなどで「僕は跨っていただけです」と言っていることがよくありますが、あれは謙遜でも何でもない、本当のことです。レース中、何度もミスったけれど、馬が走りながらリカバリーして勝ってくれたなんてこともよくあります。強い馬に乗る時、騎手は馬の動きを邪魔しないようにすればいいんだと思います。

 いまは成績がよくなくても、もっと勝てるのになあって感じるジョッキーは大勢います。技術云々だけでなく、きっかけ一つです。それは誰かが教えるのではなく、自分で気づかないと一歩先へ進めない。逆に一つ殻を破れば、リーディング上位に入ってくることだってある。

 ジョッキーは一つでも順位が上がればたくさんお金が入ってくる仕事なので、そのために最大限の努力をするし、人気のない馬でも騎乗依頼があったら、今後の信頼を得るためにも、一つでも順位をあげようとあれこれ考えます。同じクラスならばチャンスはあるはずだと信じています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン