芸能

小倉優子が早大挑戦 過去の受験企画は不合格ばかり、それでも芸能人が受験する事情

育児も出産もひとりきりという小倉優子

育児も出産もひとりきりという小倉優子

 早稲田大学教育学部への進学を目指して、現在猛勉強中のタレント・小倉優子(38才)。その様子はTBS系『100%!アピールちゃん』で密着されており、3児の母でもある小倉は、育児と仕事の合間を縫って、真剣に受験勉強に取り組んでいる。

「もちろん番組の企画ではあるのですが、だからといって収録のためだけに勉強をしているわけではなく、実際にプライベートの時間を割いて、週に20時間ほどを勉強に費やしているようです」(芸能関係者)

 小倉のように、芸能人が大学受験にチャレンジし、その様子を番組などで密着するケースは少なくない。2018年にはロンドンブーツ1号2号の田村淳が青山学院大学を受験、その様子はABEMA(当時AbemaTV)の番組『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線』で密着された。このとき、淳は不合格となったが、その後、慶應義塾大学通信教育課程に入学。さらに、同大学を退学した後、特別枠で慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科修士課程に進学した。

 日本テレビ系『得する人損する人』では、2017年から2018年にかけて、オードリーの春日俊彰による東大受験挑戦の様子が密着されている。春日は一次試験となるセンター試験(当時)で東大受験の基準点に満たず、足切りとなった。

 もう少し遡ると、1998年にはフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』の企画で、ナインティナインの岡村隆史が大学受験に挑戦した。高校卒業後、1年間浪人してから立命館大学に進学したものの、芸人としての活動が忙しくなり中退していた経緯のある岡村。番組企画では当初、筑波大学を受験しようとしたが、一次試験のセンター試験で足切りとなってしまう。志望校を早稲田大学第二文学部に変更したが、こちらも不合格となった。

“ほかの受験生の邪魔”と批判されることも

 エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏は、番組企画におけるタレントの大学受験についてこう分析する。

「ある程度年齢を重ねてから大学に進学するケースは、芸能界でも珍しい話ではありません。ただ、番組企画として受験した場合に限ると、合格できないことがほとんどです。やはり、企画となると、あくまでも“仕事で勉強をしている”という感覚になり、本気度が薄れてしまうこともあるでしょう。勉強をしていても、カメラが回っていることが多く、あまり集中できず、学力を高めにくいということもある。さらに、話題性が先行して、“ほかの受験生の邪魔をしている”などと批判されてしまい、モチベーションを保つのも難しい。そういった事情が重なって、番組の難関大学受験企画は成功しにくいのだと思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン