スポーツ

中日・大野雄大と阪神・青柳晃洋「100球で交代しない」エースの投げ合いの価値

中日・大野雄大のピッチング(時事通信フォト)

中日・大野雄大のピッチング(時事通信フォト)

 100球を超えても交代しないエース同士の投げ合いに痺れたファンも多かったのではないか。5月6日の中日対阪神戦で、中日の大野雄大が阪神打線を9回までパーフェクトピッチングで抑え、阪神の青柳晃洋も2安打無得点に抑える好投で延長戦に突入。大野は10回表2死から佐藤輝明に二塁打を浴びて完全試合を逃したが、4番の大山悠輔を打ち取ってスコアボードにゼロを並べる。その裏、中日は石川昂弥のサヨナラタイムリーで勝利した。

 試合後のヒーローインタビューで、大野は立浪和義監督に延長10回に続投するか聞かれ、自ら志願してマウンドに上がったと明かした。プロ野球担当記者が話す。

「2試合連続完全試合を目前にしてロッテの佐々木朗希が降板した後、ネットを見る限りでは『肩や肘を痛めるから投げなくていい』という風潮が大半に感じました。最近では、『せっかく大記録の可能性があるのにもったいない』という意見は『古い』などと批判されやすくなっている。日本は1つの価値観が形成されると、その考え方が常識のように捉えられてしまい、他の意見は耳を傾けられづらくなる。その中で、100球を超えていた大野が続投して10回を投げ切った。こういう起用法もまだあると見せた一戦になりました」(以下同)

 佐々木朗希は21歳の成長途上であり、大野雄大は33歳で今が頑張り時という、年齢的な事情もあるだろう。

「佐々木のように160キロを1試合通じて投げるピッチャーはこれまでいませんでしたし、まさに日本の宝です。だから、首脳陣には“もし怪我をさせたら何を言われるかわからない”というプレッシャーもあるように感じますね。本来、プロ野球はチームの勝利を目的としている中で、今はチームよりも個人が優先される場合も出てきた。もちろん、佐々木が完全試合の途中で降板したのも、9回に打たれる可能性を考慮した面もあるとは思いますが」

 5月6日の中日対阪神戦では球数が100球に届いていなかったとはいえ、0対0の9回表、阪神の矢野燿大監督は青柳をそのまま打席に立たせ、10回も続投させた。

「今はどの球団もルールで決められたかのように、100球前後で先発を降板させていますが、1球団くらいその慣例を破るチームがあってもいい。巨人の桑田真澄投手チーフコーチは先発135球完投を理想に掲げており、まだ現実的にはなっていませんが、このような現在の理論を覆すような指導者がいてもいいのでは。今年の低迷で、矢野監督は批判されていますが、青柳に続投させたことは評価されると思います。今の投手交代は規則的に変わるだけで面白みがないし、エース同士の投げ合いが2人の成長を促すこともありますから」

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン