ライフ

60代女性記者が体験 奇跡的な「“ひょん”なことからの出会い」の数々

お得で便利!旅行比較サイト&予約サイト活用術

旅先での縁は不思議で面白い(写真/GettyImages)

『女性セブン』の名物ライター“オバ記者”こと野原広子が、自らの日常と照らし合わせながら、気になる世の中のアレコレに気ままな意見を投げかける。今回は、縁は異なもの、“ひょん”なものについて綴る。

 * * *
「またですか? オバの話って、『ひょんなことから』が多くないですか? しかも、その“ひょん”がでかい」

 しばらく前のこと、ライターの後輩Y子(42才)と街の食堂で飲んでいたら、そう言って呆れられたの。

「女性作家のTさんと飲んだら、初対面でいきなり盛り上がった」と言ったら、Tさんの大ファンの彼女は興奮気味に身を乗り出してくる。そこでそのいきさつを説明したら、冒頭の「またですか?」になったわけ。

 あえて「女性作家さん」というのは、これから書くことは彼女のプロフィールに載っていないことだからだ。

 その日は仕事仲間のJ子(55才)と飲もうということになっていた。そこにTさんが合流するという。Tさんの名前は知っていたけど、それ以上の知識はまったくゼロ。不安に思っていたら、J子は「大丈夫、大丈夫。気さくな人だからオバも気が合うと思うよ」と言う。それを鵜呑みにして個室居酒屋で乾杯したんだけど、なんだ、なんだ!? 数分後には「高校、どごで?」と私が聞くと、「○○高」とTさん。「ギャハハ。んじゃ、××さんと同級げ?」「イッコ下だな」と茨城弁が炸裂していたの。

 きっかけは、茨城1区の田所嘉徳衆議院議員。私が田所議員の事務所でアルバイトをしていると言ったら、「私、子供の頃からその人、知ってる。町中にポスターが張ってあったもの」とTさん。J子は「ええ〜っ、偶然、Tさんとオバと田所さんは実家が近くだったってわけ? こんなことってあるの!」と驚くまいことか。

 そりゃあ私だって驚いたけど、同時に「またか」でもあるのよね。てか、そもそもTさんと私をつなげた田所議員と私の出会いも“ひょん”だもの。

 私の30年越しの男友達Iさん(72才)はいわゆるパーリーピーポーで、用事があると「ボンジュール、マドモアゼル」などとふざけた電話をかけてくる。用事といっても、政治家のパーティー券が余っているから来ないかとか、たいがいは飲みの誘いよ。

 その日もそう。Iさんの誕生会で田所議員と出会ったのは、天下の帝国ホテル。取材以外で国会議員と話すのは初めてだったけど、顔を合わせた数分後に同郷であることがわかってびっくり仰天。それからのご縁だ。

 思えば、こういうことって昔からだったのよね。千葉の佐原市に取材旅行したとき、たまたま入ったお店で隣り合った人が仕事仲間のいとこだったり、徳島の旅館の親父さんの親友が私の知人だったり。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト