スポーツ

阪神・矢野監督が熱心に取り組む“予祝”「夢が叶ったときと同じ周波数になる」

阪神・矢野燿大監督が傾倒するのは…(時事通信フォト)

阪神・矢野燿大監督が傾倒するのは…(時事通信フォト)

 開幕9連敗の悪夢からようやく抜け出しつつある阪神。しかし、球団内からは困惑の声が絶えず聞こえてくる。指揮官・矢野燿大監督(53)の“不思議なトレーニング“への傾倒が止まらないからだ。

ビッグウェーブ連発

 5月1日の東京ドーム。敵地で巨人を3タテし、連勝を6に伸ばした阪神の矢野耀大・監督は、勝利インタビューでこう語った。

「ビッグウェーブにしていきたいですし、5月、いいスタート切れたんでね。いい形で甲子園に戻れる形を全員で作れたので、本当にビッグウェーブにしていきます」

 チームの勢いを大きな“波“にしたい──指揮官としては至極当然の発言のようだが、2度繰り返された「ビッグウェーブ」という言葉に顔をしかめた虎党は少なくない。

 親会社の阪急阪神HD(ホールディングス)関係者が重い口を開く。

「せっかく6連勝を果たした直後に、あれほどファンやOBから不審がられた『波』という言葉をわざわざ連発するなんて。歓喜に沸く阪神ファンの気持ちが複雑なものに変わっていくのが伝わってきました」

 その原因となったのは、4月15日の巨人戦での矢野監督の言動だ。1勝15敗1分の中、宿敵を本拠地・甲子園で迎え撃ったこの日、阪神はようやく今季2勝目を挙げた。

「ちょっと時間、大丈夫ですか」

 試合終了後の勝利インタビュー中にそう切り出した矢野監督は、「波」「ビッグウェーブ」などと記された謎の色紙を掲げてこう語った。

「今日、お友達の文字職人の杉浦誠司さんに来ていただいて、365枚ある札の中から漢字一文字を引き当てるんですけど、僕がチームをイメージしながら引いたのは『波』という字。潮も引いて、波が起きる。浮き沈みもあるけど、みんなで大きい波を作っていこう、それは楽しむことが一番大事じゃないか、というメッセージをもらって戦っていました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン