スポーツ

阪神・矢野監督が熱心に取り組む“予祝”「夢が叶ったときと同じ周波数になる」

西勇輝投手(時事通信フォト)

西勇輝投手(時事通信フォト)

 前出の阪急阪神HD関係者が語る。

「矢野監督の一見不可解な言動のベースにあるのは、『予祝』という考え方です。

 以前から矢野監督は『予祝』に取り組んでいましたが、今季はますます熱心に取り組むようになりました。監督退任が決まっていることの影響も大きいのかもしれません」

未来と同じ周波数になる

 きっかけは、ひとつの出会いだった。阪神の番記者が語る。

「矢野監督に予祝という考えを伝授したのは、メンタルトレーナーの大嶋啓介氏です。2人は2019年頃から交流を深め始め、影響を受けた矢野監督が大嶋氏の考えを野球に取り入れるようになった。文字職人の杉浦氏を矢野監督に紹介したのも大嶋氏です。今年2月には大嶋氏が阪神のキャンプを訪れ、選手相手にメンタルトレーニングを施しました」

 大嶋氏は、2004年に居酒屋「てっぺん」を設立し、居酒屋経営とともに、ビジネスマン向けの自己啓発セミナーやアスリートのメンタルケアの活動にも注力している。

 本人のホームページによれば、2008年の北京五輪で金メダルに輝いた女子ソフトボールチームや、聖光学院、海星高校など100校以上の高校の野球部で強化研修を行ない、22校が甲子園に出場したという。

 その大嶋氏が提唱するのが「予祝」である。

 予祝とは、夢や願いごとが達成したと仮定し、先に祝うことで、現実を引き寄せようとすること。要するに、「前祝い」をすることで、夢が成就されるという考え方だ。

 なぜ、予祝で夢が叶うのか。「予祝メンタルトレーナー」の肩書きを持つ大嶋氏は、セラピストのひすいこたろう氏との共著『前祝いの法則』でこう説明する。

〈それは、未来に夢が叶ったときと同じ喜びをいまの時点で感じることで、現在の気持ちが夢が叶ったときと同じ周波数になるから、その未来を引き寄せることができるのです〉

 この考えに心を奪われたのが矢野監督だ。

「2018年オフに阪神監督に就任した矢野監督は、初キャンプ中のマスコミ懇親会の席で、『皆さんのおかげで2019年、優勝できました』といきなり優勝祝賀会のような乾杯の音頭を取り、周囲を唖然とさせました。また日本一の予祝としてシーズン中に知人から『優勝監督インタビュー』を受けていたこともあります。

 選手にも矢野監督のバイブルである大嶋氏の著書を配っている。今年のキャンプで糸井や西勇輝が『予祝胴上げ』を行なったのも、矢野監督の影響が大きい」(前出・阪神番記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン