国際情報

プーチン「イメージ戦略」の敗戦【前編】チャップリン研究者が読み解くウクライナ侵攻

プーチン大統領のイメージ戦略をチャップリン研究者が分析(写真/AFLO)

プーチン大統領のイメージ戦略をチャップリン研究者が分析(写真/AFLO)

 ロシアによるウクライナ侵略は、軍事的な戦いであると同時に、自国への支持を広げるためにインターネット上で映像などを拡散する「イメージ」の闘いでもある。その点が“新しい戦争”などと表現されるが、プーチン大統領とゼレンスキー大統領のイメージ戦略の衝突は、80年以上前の「独裁者」と「喜劇王」の闘いと重なる──そう指摘するのは『チャップリンとヒトラー』(岩波書店刊)の著者である脚本家の大野裕之氏だ。【前後編の前編】

 * * *
 端的に言って今回の戦争において、すでにプーチンは負けている。僕はそう思っています。

 軍事的には大国・ロシアがまだ勝てるのかもしれません。しかし、とりわけ西側諸国では“プーチンは独裁者で悪者である”という「イメージ」が定着して、名だたるグローバル企業がロシアから引き揚げました。

 仮に武力の戦いに勝利したところで、ロシアは今後、何十年も「負のイメージ」を引きずることになります。そういう意味で、ロシアはすでに負けている。太平洋戦争での「侵略のイメージ」から戦後77年経っても逃れられない日本人は、それを理解できるはずです。

 対するゼレンスキーはSNSなどを駆使して世界中から同情と共感を集めています。イメージ戦略において、完全にプーチンを上回っていると言えるでしょう。

〈そう語るのは、チャップリン研究の専門家として国際的に活動する大野裕之氏(日本チャップリン協会会長)だ。自身は「国際政治の専門家ではない」と前置きしつつも、ロシアのウクライナ侵略について鋭い考察を述べていく。今回の戦争は、第二次世界大戦当時の独裁者・ヒトラーと、喜劇王・チャップリンが「メディアという戦場」において「イメージという武器」で争った歴史と重なる部分が多くあるというのだ。〉

 チャールズ・チャップリンは1889年4月16日、英国・ロンドンの貧民街に生まれました。アドルフ・ヒトラーがオーストリアで生まれたのはそのわずか4日後のこと。この2人は、メディアという戦場で闘いを繰り広げます。まずはそのことを振り返りましょう。

 両者は映画というメディアを通じて世界を席巻した人物と言えます。

 1921年にチャップリンが制作した映画『キッド』は、全世界でほぼ同時に上映されました。世界中の人が「動いている人物のイメージ」を共有したのは、この作品のチャップリンが初めてです。つまり初めての世界的な大スターでした。

 一方のヒトラーは地域政党の政治家から、演説の上手さでのし上がります。その際に大きな役割を果たしたのが、彼の弁舌の巧みさを大衆に伝える「トーキー映画」でした。ちょうど「サイレント映画」から時代が変わるタイミングで、イメージと宣伝の力でドイツの最高指導者となり、一時は世界を恐怖に陥れるほどの力を握りました。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン