国内

秋篠宮の告白“小室圭さんの仕事への評価”と意外な“幼少期のエピソード”

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)

 コン、コン。ドアのノック音とともに、対話劇は幕を開ける。「寒いですねえ」。部屋に入ってくるなり、そう切り出すのは秋篠宮である。それに応じるのは元毎日新聞編集委員のジャーナリスト・江森敬治氏だ。たわいもない話題に始まり、父親の退位や長男の進学などについて会話は深まっていく。このたび江森氏が上梓する『秋篠宮』(小学館刊)には、そんなやりとりが生々しく描かれている。5月11日の同書発売に合わせて、秋篠宮の肉声を独占掲載する。【全3回の第1回】

 * * *
 記者会見を除き、皇族の言葉が表に出るのは極めて異例だ。本書のベースとなった江森氏の秋篠宮邸訪問は、この5年間で37回を数えるという。

 江森氏は妻が学習院大学経済学部の副手をしていた関係で、紀子妃やその父の故・川嶋辰彦氏(学習院大学名誉教授)と知り合った。その後、結婚したばかりの秋篠宮夫妻が京都を訪問した際、初めて面会した。以来、交流は約30年に及ぶ。

 本書の執筆動機について江森氏は「世間で報じられる秋篠宮像と実際のそれの間にあまりにもギャップがありましたから」と説明する。例えば、長女の結婚についても多くの誤解が生じたという。

「パラリーガルのままでよいですよ」(以下、秋篠宮の発言は同書より)

 これは小室眞子さんの婚約内定が報じられた直後の2017年6月に、江森氏が聞いた言葉である。

 パラリーガルというのは弁護士の指示、監督のもとに法律事務にたずさわる仕事だ。年収はおよそ300万円とも言われ、眞子さんの結婚相手の職業として不安視する声まであった。だが秋篠宮は、「いまのお仕事が定職ですよ」と答えたという。

 小室圭氏がニューヨーク州の弁護士試験に二度落ちたことに対し、さも新婚生活の土台が築かれていないかのように報じられる。だが、父親は当初から若き二人に過度な重圧はかけていなかった。

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン